« わずか5曲だけれども | トップページ | 象とアリ »

2010年8月23日 (月)

Buffalo Daughter的HIP HOP?

Title:The Weapons Of Math Destruction
Musician:Buffalo Daugter

The Weapons Of Math Destruction

曰く

「『物理』をテーマとして作成されたアルバム」

曰く

「『ヒップホップのアルバムが作りたい』と 山本ムーグが言い出したこともあり、Buffalo Daughter的ヒップホップ考という伏線も持つ。」

ごめんなさい。そう言われて曲を聴きながら、インタビュー記事なども読んでみたのですが、「物理」をテーマ、とか言われても、いまひとつピンと来ませんでした(^^;;

HIP HOP・・・という意味では、「Rock'n'roll Anthem」「The Battle Field In My Head」あたりは、Buffalo Daughter流のHIP HOP、といった感じなのかなぁ?

ただ、HIP HOPの一言だけではなく、今回の作品、いつも以上に様々な要素が、その音楽の間から垣間見れた感じがします。

いままでの作風と同じく、エレクトロやポストロック的なアプローチも強かった一方、「Gravity」「All Power To The Immagination」のリズムには、ちょっとファンキーなものを感じましたし、「Five Thousand Years For D.E.A.T.H.」にはキュートなポップス要素も感じられます。「Run」「New World:It Day」はオルタナ系のギターロック。他にもパンキッシュな作風や、テクノポップ的な作品などもあり、バリエーションはいままで以上に広がっているように感じました。

もっとも基本、どの曲に関しても、ミニマル的な、シンプルなフレーズのくり返し。それが、曲が進むにつれて少しずつ変化していくというスタイル。これがまた、すごい中毒性があるんですよね。彼らの曲って、決して派手さはないのですが、この中毒性がゆえに、気がつけば曲にはまってしまう、そんな魅力があります。

そう考えると、そんなに難しいことを考えないで、彼らの、この中毒性のある音の世界にはまっていけばいいのかなぁ、なんてことも思いました。前作以前の魅力はそのままに、中身は彼ら流に新たな世界を模索している、そんなアルバムでした。

ちなみにタイトルの「The Weapons Of Math Destruction」は「The Weapons Of Mass Destruction(=大量破壊兵器)」のもじり。同じ発音の言葉(厳密には違うけど)を入れ替えただけで、「数学的破壊兵器」というユーモラスなタイトルになっています。他に、バリバリのHIP HOP風の曲に「Rock'n'roll Anthem」と名づけたり、随所にユーモアセンスも感じられるアルバムでした。

評価:★★★★★

|

« わずか5曲だけれども | トップページ | 象とアリ »

アルバムレビュー(邦楽)2010年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/36252573

この記事へのトラックバック一覧です: Buffalo Daughter的HIP HOP?:

« わずか5曲だけれども | トップページ | 象とアリ »