« アルバムチャートは混戦模様 | トップページ | 歌謡曲の大御所とタッグ »

2010年7月18日 (日)

小さな会場で

Title:ハルトライブ
Musician:UA

ハルトライブ

最初、「ライブアルバム」という情報だけで、この作品を聴いたのですが、その時に頭に思い描いたのが、

森の中で行われた、UAと数人の奏者によるライブ演奏と、それを輪になってかこむ数十人のファン

という絵でした。

大ホールではなく、どこか小ぶりな雰囲気のある会場。でも、「アットホーム」という雰囲気はなく、緊張感のある演奏。それが、そんな「絵」を頭に思い描いた理由なのかもしれません。

事実、今回のアルバムは、今年2月に、限定100人で、新宿のライブハウスPIT INNで行われた、公開レコーディングの模様を収録したアルバムだそうです。小さな会場だからこそ、こういう雰囲気のアルバムが出来上がったのでしょう。

演奏は、ジャズをベースとしながらも、民俗音楽やら現代音楽の要素やらを入れたような雰囲気。「情熱」「悲しみジョニー」といったおなじみのナンバーも収録されていますが、原曲からリアレンジした作風が、新鮮味を感じます。

そんな楽曲のアレンジは、ここ最近のUAの方向性と一致したもの。ただ、シングル単位だとインパクトがあるものの、アルバム単位だとどうもいまひとつしっくり来なかったここ最近のUAの作品ですが、このライブアルバムだと、アルバムを通じて、その世界をすんなりと楽しむことが出来ました。

ちょっとやりたいことの主張が強すぎるスタジオアルバムに比べると、このアルバムでは、ファンの前で演奏することによって、変に頭でっかちにならなかったから・・・かなぁ??なんてことも思ったりしたのですが・・・どうなんでしょうか???

当日、UAは決して本調子ではなかったそうです。確かに、彼女のボーカルはある種のすごみみたいなものは感じませんでしたが、逆に、下手に力が入らず、自然なボーカルが楽しめたような気もします。

ここ最近の作品では、一番良かったような感じがします。最後まで、その雰囲気を楽しむことが出来たアルバムでした。

評価:★★★★★

UA 過去の作品
ATTA


ほかに聴いたアルバム

FAMILY TREE~Side Works Collection Vol.1~/HOME MADE家族

FAMILY TREE~Side Works Collection Vol.1~

他のミュージシャンとのコラボレート作を集めた企画盤。槇原敬之からabingdon boys school、FLOWに米米CLUB、SoweluやRHYMESTERなど、多種多用なミュージシャンの作品がおさめられてます。それだけに、収録されている楽曲はバラバラ。ジャンルに壁をつくらない姿勢は立派に感じられます。

どちらかというと、本格的なHIP HOPというよりは、かなりJ-POP寄り。幅広いリスナー層が楽しめそうな作品です。ちなみに、シーモネーターとコラボした「funky technician」が、勢いがあるシーモネーターのエロ歌詞が刺激的でおもしろかったです。最近のSEAMOのイメージとは、やはりちょっと違うよなぁ・・・。

評価:★★★★

HOME MADE 家族 過去の作品
CIRCLE

HOME
Heartful Best Song "Thank You!"

|

« アルバムチャートは混戦模様 | トップページ | 歌謡曲の大御所とタッグ »

アルバムレビュー(邦楽)2010年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/35743733

この記事へのトラックバック一覧です: 小さな会場で:

« アルバムチャートは混戦模様 | トップページ | 歌謡曲の大御所とタッグ »