« すいません。 | トップページ | アイドル勢がズラリ »

2010年6月 2日 (水)

シャウト!!

Title:THERE'S NO TURNING BACK
Musician:THE BAWDIES

THERE’S NO TURNING BACK

昨年、前作「THIS IS MY STORY」を、ほとんど衝動買いに近いレベルで購入。その後、すっかりはまってしまったTHE BAWDIES。どうもはまってしまったのは私だけではないようで、このアルバムにも収録されている「HOT DOG」は、なんとオリコンチャートでベスト10入りを記録し、続くこのニューアルバムも、同じくベスト10入り。名実共にブレイクを果たした結果となりました。

しかし、同じようなルーツ志向のバンドが増える中、THE BAWDIESだけ、その人気が頭ひとつもふたつも出ているのでしょうか?

やはり、その大きな理由のひとつは、THE BAWDIESの持つある種のわかりやすさではないでしょうか。

これぞというように、60年代風のルーツロック志向を押し出したようなサウンドに、わかりやすいシャウト、そしてポップなメロディーライン。ある種の、これぞルーツロックといった直感的なわかりやすさを感じます。

そこにちょっと今風な要素を加えることにより、マニア層だけではなく、広いリスナー層でも受け入れらる楽曲を作り上げています。楽曲の雰囲気とはギャップのある、端整なルックスも、リスナー層を広げる大きな要因でしょうか?

もちろん、決してルーツロックの上澄みをかっさらっているだけではなく、しっかりとルーツへのリスペクトを感じられる点もまた、彼らの人気の大きな要素なのは間違いないでしょう。

また、今回の作品は、さらに音楽性を広げる楽曲も多く収録されていました。

カントリー風の「SAD SONG」に、「B.P.B.」は、いつものシャウトは抑えた、爽やかなナンバー。「GOOD MORNING」は、アコースティックなサウンドが、どこかフォーキーな雰囲気を出しています。

一方、歌詞はあいかわらず英語オンリー。このグルーヴ感を日本語の歌詞で出せたら、もっともっとすごくなるのに・・・と思ってしまうのですが、それは、今後の彼らの成長を楽しみに、といった感じでしょうか?

前作に続き、本作も、文句なしの傑作に仕上がりました。また、彼らの楽曲にはまってしまいそうです・・・。

評価:★★★★★

THE BAWDIES 過去の作品
THIS IS MY STORY

|

« すいません。 | トップページ | アイドル勢がズラリ »

アルバムレビュー(邦楽)2010年」カテゴリの記事

コメント

確かに彼らの曲はメロディーがキャッチーだから、若い世代の他にも年配層にも受けそうな気がしますね。

日本語詞はストレートな反面、まず考えてしまうから、直感的な曲には英語詞を載せたいと言っている反面、
日本語詞を載せてもブレないようなスキルが、まだまだ足りないともインタビューで言ってた気がします。

今後成長したときは、そういった使い分けを見せてくれるような気がしますね。

投稿: 亮 | 2010年6月 3日 (木) 09時31分

>亮さん
>日本語詞を載せてもブレないようなスキルが、まだまだ足りない
私もそういうインタビュー記事、読みました。それだけに今後成長して、日本語でも曲をつくってくれたらうれしいですね。これから、まだまだ伸びしろを感じるミュージシャンです。

投稿: ゆういち | 2010年6月 4日 (金) 00時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/34911849

この記事へのトラックバック一覧です: シャウト!!:

« すいません。 | トップページ | アイドル勢がズラリ »