« いろんな、くるり。 | トップページ | ソロでも強いけど。 »

2010年6月29日 (火)

スケール感あるサウンド

Title:TO THE LOVELESS
Musician:BOOM BOOM SATELLITES

TO THE LOVELESS(通常盤)

アルバム毎に、デジタルロックを機軸にしながらも、異なった音の世界を提示してきた彼ら。約2年半ぶりとなる今回の作品では、アルバム全体に一種のスケール感を覚えました。例えるならば、狭いライブハウスで、熱狂の渦の中で聴くよりも、広い野外のライブ会場でしっかり聴くのに映えそうな、そんな曲が多かったイメージがありました。

それは、例えば「VAPOUR」のようにストリングスを用いていたり、「FRAGMENT OF SANITY」のようにスペーシーな雰囲気があったりというのも大きな理由なのかもしれません。

ただ、それ以上に、例えば「BACK ON MY FEET」のように、リズミカルな作風ながらも、どこか楽曲の中に静寂を感じたり、「CAUGHT IN THE SUN」のように、テンポのよいドラムスにリズムを刻ませながらも、ゆっくりなテンポのシンセの音を入れてきたり、楽曲の中に、一種の「静」の要素を上手く取り込んできたからかなぁ・・・なんてことを感じました。

その一方、「DRAIN」みたいに、疾走感が心地よい作品もあったものの、一種わかりやすくガツンと来るような作品はなかったかなぁ?前作「EXPOSED」は、ポップである種のわかりやすさを持った作品で、実は個人的に、そんな作品の方が好みなだけに(^^;;ちょっと個人的には今回の作品は、物足りない部分も感じました。

彼らの実力を感じさせるアルバムだとは思うのですが・・・いいアルバムだとは思うのですが、ちょっと自分の好きなタイプではなかったなぁ・・・と感じるアルバムでした。

評価:★★★★

BOOM BOOM SATELLITES 過去の作品
EXPOSED


ほかに聴いたアルバム

Best Collection-Complete Best-/MY LITTLE LOVER

Best Collection ~Complete Best~

最近、デジカメのCMで、マイラバの「Hello,Again」が流れていますよね。本人歌唱の曲ではなく、JUJUのカバーなのですが、やはり名曲だなぁ・・・と改めて実感しました。マイラバの「Hello,Again」が着うたチャートで上位にあがってきたりして、そう感じる人は多いみたいですね。

今回15周年を迎えたマイラバによる、オールタイムのベスト盤。Disc1は2006年以降の、Disc2はデビューから2004年までの曲が収録されています。Disc1も決して悪くはないのですが、やはりDisc2収録の曲は一種神がかっているなぁ、と感じます。小林武史は、最近どうもプロデュースワークでもいまひとつに感じられるのですが、この時期の彼は、本当に脂がのりまくっていたんですね。

ちょっと懐かしく感じる方も多いかもしれません。でも、今なお歌い継がれるべき名曲が揃っています。久しぶりに、マイラバのヒット曲を聴いてみませんか?

評価:★★★★★

MY LITTLE LOVER 過去の作品
アイデンティティー
そらのしるし

|

« いろんな、くるり。 | トップページ | ソロでも強いけど。 »

アルバムレビュー(邦楽)2010年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/35532560

この記事へのトラックバック一覧です: スケール感あるサウンド:

« いろんな、くるり。 | トップページ | ソロでも強いけど。 »