« バリエーションの豊かさが魅力 | トップページ | 注目の新音源! »

2010年4月26日 (月)

バラードもいいけれども

Title:BEST OF GREEN MIND '09
Musician:秦基博

BEST OF GREEN MIND’09

秦基博というミュージシャン。最近はアルバムもコンスタントにベスト10入りする人気を誇ります。ただ、正直言ってしまうと、オリジナルアルバムを聴いた感想は「普通」・・・。

いや、いいミュージシャンだと思います。特に2ndフルアルバム「ALRIGHT」は、前作に比べて、かなりの成長を感じていましたし。でも、リスナーを圧倒するようなメロディーを書いてくるわけでもなく、聴き入りさせる歌詞を書いてくるわけでもなく、独特なグルーヴを奏でるわけでもなく・・・ちょっと個性的には薄いよなぁ・・・そう感じていました。

で、今回聴いたのは、彼の代表曲を弾き語りで収録した、ベスト盤的な企画アルバムなのですが・・・

いや、めちゃくちゃいいんですけれども(笑)。

まあ、ベスト盤的な選曲なだけに、いい曲が並んでいるのは、当たり前といえば当たり前なんですけどね(^^;;

ただ、2枚組のうち1枚目は、全曲ほとんどがバラードなのですが、聴いていてもまったくだれることなく最後まで飽きません。これって、ぱっと聴いた感じ地味に感じるけども、しっかりと作りこまれたメロディーを聴かせてくれるからなんでしょうね~。

中盤「赤が沈む」「サークルズ」のようなファンキーな作品もとても魅力的。バラード主体の中で、ちょうどよいバランサーとなっています。

さらに魅力的なのは2枚目。このアルバム、基本的に弾き語りツアー「GREEN MIND 2009」からの音源なのですが、そんなライブ感がアルバムにとても反映されていました。

「ファソラシドレミ」では、観客と手拍子で一体となり盛り上がり、会場の空気をそのまま伝えてくれます。こちらはバラードナンバーも織り込みながらも、軽快なポップスも多く、とても楽しい内容に仕上がっていました。

いままで、あまり注目してこなかった彼ですが、俄然気になる存在になってしまいました(笑)。ここ最近、オリジナルアルバムを出していないのですが、そろそろ新作が聴きたいなぁ~。あらためて、彼の人気の理由がわかるアルバムでした。

評価:★★★★★

秦基博 過去の作品
コントラスト
ALRIGHT

|

« バリエーションの豊かさが魅力 | トップページ | 注目の新音源! »

アルバムレビュー(邦楽)2010年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/34359043

この記事へのトラックバック一覧です: バラードもいいけれども:

« バリエーションの豊かさが魅力 | トップページ | 注目の新音源! »