« ベテランとしての貫禄の作品 | トップページ | KANを”カンチガイ”している人たちにも »

2010年4月18日 (日)

気が付けば癖になっています。

このたび、「東洋一のサウンド・マシーン」クレイジーケンバンドが、2枚のベスト盤をリリースしました。

Title:CRAZY KEN BAND BEST 鶴
Musician:クレイジーケンバンド

クレイジーケンバンド・ベスト 鶴

「鶴」には、「タイガー&ドラゴン」「あ、やるときゃやらなきゃダメなのよ。」、また、Rhymesterと組んだ「肉体関係 Part2」などが収録されています。

一方・・・

Title:CRAZY KEN BAND BEST 亀
Musician:クレイジーケンバンド

クレイジーケンバンド・ベスト 亀

こちら「亀」には、「クリスマスなんて大嫌い!!なんちゃって」「てんやわんやですよ」などといったヒット曲も収録されています。

2枚のアルバムにわけてのリリースなのですが、両者の差は、さほど明確にはないのかな?2枚あわせて、クレイジーケンバンドというバンドの魅力を伝えるベストアルバムです。

正直な話、クレイジーケンバンドって最初、ちょっと聴いていて抵抗感ある部分があったんですよね。

あくの強い歌謡曲風のメロディーに、こぶしの利いたボーカル、一癖あるキャラクター性に、泥臭さを感じる歌詞・・・90年代以降の、爽やかで洗練(?)された「J-POP」に慣れ親しんだ耳には、違和感のある楽曲でした。

ただ、そんなクレイジーケンバンドの楽曲を、数多く聴いてくるうちに、徐々に慣れてくるどころか、癖になってすらきました。気が付いたら、彼らの楽曲を口ずさんでいたりして(笑)。

個人的に、ここ最近のクレイジーケンバンドのアルバムは、新譜をリリースするたびに最高傑作・・・というイメージがあったのですが、それは単純に私の耳が、どんどん彼らの音にはまっていった結果、なのかもしれないですね。もちろん、どのアルバムも傑作なのには間違いないのですが。

でも、ここ最近の彼らの曲について感じるのは、以前に比べて、例えば「昭和歌謡」だの「アメリカン・グラフィティ」だの、狙ったようなコンセプトを、露骨に前面に出してこなくなったかなぁ・・・ということ。あざとさ、といったら誤解される表現かもしれないですが、以前に比べて、露骨な「狙い」が薄くなり、「昭和」だとか「横須賀」だとかのキーワードに頼らなくても、クレイジーケンバンドとしての個性がしっかりとリスナーに伝わってきたかな、ということを感じます。

2枚のフルボリュームで、一癖も二癖もある曲が並んでいますが、意外とあっさりと聴けてしまうベストアルバム。どちらからでも、どうぞ。

評価:
「鶴」★★★★★
「亀」★★★★★

|

« ベテランとしての貫禄の作品 | トップページ | KANを”カンチガイ”している人たちにも »

アルバムレビュー(邦楽)2010年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/34198565

この記事へのトラックバック一覧です: 気が付けば癖になっています。:

« ベテランとしての貫禄の作品 | トップページ | KANを”カンチガイ”している人たちにも »