« ついに1位! | トップページ | UKロックの正統な後継者 »

2010年4月10日 (土)

活動休止前最後のベスト

Title:BESTOISU!!!
Musician:POLYSICS

BESTOISU!!!

先日の日本武道館ワンマンライブを最後に、メンバーのカヨがバンドを卒業し、活動休止となったPOLYSICSの、2枚目となるベストアルバム。2004年にベストアルバム「POLYSICS OR DIE!!!」をリリースしており、その後の作品を中心に選曲されたベスト盤になっています。

ちなみに、このアルバムの読み方は、「ベストオイッス!」ではなくて「ベストイス」で、「トイス」は、POLYSICSのライブではおなじみの、POLYSICS流のあいさつだそうです。

「1st P」から11年。これが最後ではなく活動休止なんですが、いやぁ~正直、このバンドがここまで長く活動を続けるとは思いませんでした(笑)。

インディーズ時代はライブを「3回見れば飽きる」みたいなことを言われていて、ステージはインパクトメイン。初期のアルバムにしても、「ライブはいいんだけど音源はいまひとつ」という印象が強く、最初は楽しいけど、あっという間に飽きるんじゃないかなぁ~なんてことを思っていたのは、多分、私だけではないはず。

そんな私の予想をいい意味で裏切ってくれたのですが、このベスト盤を聴くと、なぜ、インパクトのみといわれた彼らが、ここまで長く続いたのかがわかるような気がします。

それは、思いのほか、彼らのメロディーがとてもポップで印象に残るものだったから。

ここ最近のアルバムに関しては、バンドサウンドのインパクトという面だけではなく、メロディーもインパクトがあって、ポップでいいなぁ、という印象が強かったのですが、ベスト盤でシングル曲を中心にあらためて聴くと、彼らって、こんなにメロディーセンスのあるバンドだったんだぁ、と自分の不見識を思い知らされました。

「ケロロ軍曹」のオープニングになった「YOU-YOU-YOU」あたりは、明確にメロディーを重視しているのはわかるのですが、「YOUNG OH!OH!」にしろ「Pretty Good」にしろ「シーラカンス イズ アンドロイド」にしろ、メロディーはインパクトがあってポップで、そして何より楽しいんです!

だから、似たようなタイプのパンキッシュな作品が多くても、このベスト盤、最後まで聴き飽きることがありませんでした。

POLYSICSの魅力を、あらためて(遅ればせながら(?))実感することの出来たベストアルバムでした。彼らの魅力はライブだけではない!そう実感できました。

評価:★★★★★

|

« ついに1位! | トップページ | UKロックの正統な後継者 »

アルバムレビュー(邦楽)2010年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/34091654

この記事へのトラックバック一覧です: 活動休止前最後のベスト:

« ついに1位! | トップページ | UKロックの正統な後継者 »