« 大人になったSOPHIA | トップページ | 圧倒的な強さ »

2010年3月 9日 (火)

「音」からも感じる個性

Title:THIS IS MY WORKS
Musician:80kidz

80kidz / This Is My Works 【CD】

例えばリミックスCDだったり、例えばCDのボーナストラックだったり、いわゆる「リミックス曲」を聴いていて、「お、このリミックス、なかなかいいな」と思うことがあります。iPodなんかで聴いている場合は、リミキサーもタイトルと同時に表示されるため、誰がリミックスするのか確認すると・・・そこには80kidzの名前が・・・ということが何度かありました。

でも、80kidzの出している音って、すごく独特か、と言われるとそうでもありません。最近、流行のテクノサウンドで、いわゆる「ロッキン・エレクトロ」とか称されるタイプの、ビートが強く、テンポがよく、ロックテイストを強く感じさせるサウンド。例えばレイ・ハラカミのように、誰が聴いても一発で彼の音だとわかるような、そんなわかりやすい個性は彼らの音からは感じられません。

しかし、そんな彼らのサウンドは、とことんアッパーで、リズミカル。とにかくリスナーの壺をつきまくるサウンドは、漠然と音楽を聴いているようなリスナーも振り向かせるような、そんな一種のパワーを感じさせます。

今回発売されたこのアルバムは、そんな80kidzのアナザー・ワークベスト。最近は、浜崎あゆみのようなメジャーミュージシャンのリミックスをも手がける彼らですが、本作ではそんな彼らが手がけた、他のミュージシャンのリミックス作品が数多く収録されています。

どのリミックスも、彼らの持ち味である勢いがあり、ビートの強いサウンドにリミックスされていて、耳を惹く曲ばかり。80kidzの今を感じさせるリミックスばかりで、80kidzのオリジナルアルバムのような感覚で楽しむことが出来ます。

また、こうやってリミックス曲を並んで聴いてみると、80kidzのサウンドが持つ個性も浮かび上がってくるようにも感じます。音の使い方といいリズムといい、どこか80kidzらしさを、それぞれの曲から感じることが出来ます。

80kidzの実力をあらためて実感できた企画盤。オリジナルアルバムと同様、80kidzの魅力が存分に伝わってきました。

評価:★★★★★

|

« 大人になったSOPHIA | トップページ | 圧倒的な強さ »

アルバムレビュー(邦楽)2010年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/33671653

この記事へのトラックバック一覧です: 「音」からも感じる個性:

« 大人になったSOPHIA | トップページ | 圧倒的な強さ »