« 歌モノはあわないな・・・・・・。 | トップページ | 20周年 »

2009年12月 5日 (土)

大御所の貫禄

Title:Love Notes II
Musician:ゴスペラーズ

Love Notes II

これが約8年ぶり2作目となる、ラブソング集第2弾。

デビューから14年。いまではヒットチャートでもすっかり当たり前となったR&Bというジャンルの先駆的存在である彼ら。今回のラブソング集で感じたのは、ある種の大御所としての貫禄でした。

・・・・・・って、まだデビューからわずか14年で、大御所って言っちゃうと、ファンに怒られるかな?(^^;;

ただ、ベテランとしての余裕みたいなものを感じるんです。

メンバー5人のハーモニーという根底の部分は昔からそのままに。その上で、時にはアカペラで、時にはバックのサウンドを入れて、様々な作風を聴かせてくれます。

そんな中でも、例えば「Body Calling」あたりは、完全に今風のR&Bのサウンドを取り込んでいるなど、決してマンネリには陥っていません。

どの曲も純粋に「いい曲」を歌い続ける彼ら。そんな彼らの魅力がつまった企画盤になっています。

新しいサウンドを取り込みつつも、必要以上に時代に媚びない彼ら。ゴスペラーズの活動って本当に実直ですよね。今風の着メロ受けしそうな曲もなければ、誰かさんみたいに、いきなりメンバーが14人に増えちゃうこともなく。ただひたすらいい曲を歌い続ける彼ら。これからもそんな彼らの素敵な曲を、たくさん聴きたいですね!

評価:★★★★★

|

« 歌モノはあわないな・・・・・・。 | トップページ | 20周年 »

アルバムレビュー(邦楽)2009年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/32432144

この記事へのトラックバック一覧です: 大御所の貫禄:

« 歌モノはあわないな・・・・・・。 | トップページ | 20周年 »