« 直系ガレージパンク! | トップページ | Merry Xmas!! »

2009年12月25日 (金)

バランス感覚の良さ

Title:MAGIC
Musician:B'z

MAGIC(通常盤)

個人的に、B'zをはじめて聴いたのは中学生の頃。ヒットしていた「LADY NAVIGATION」が一番最初で、既にその頃からシングルをリリースすれば1位という人気を確保していました。

それから20年。いまだにシングルもアルバムもリリースすれば1位を獲得するという、驚異的な人気を確保している彼らです。

彼らがそれだけ長い間、人気を保っているのって、純粋に楽曲の良さとか言う話もあるのかもしれませんが、それ以上に、ファンがB'zに期待するような楽曲を、期待を裏切らず、きちんとリリースしているという点が大きいような印象を受けます。

しかし、一方では、今風の音を取り入れたアルバムをつくってみたりと、あくまでもB'zというイメージの中で振れ幅のあるアルバムもリリースしたりし、マンネリさを回避につつ、また、実に「B'zらしい」アルバムをつくってくる、ここらへんのバランス感覚の良さが、彼らの人気が長続きしている理由ではないでしょうか。

で、今回の新作は、また、とても「B'zらしさ」を感じさせる作品でした。

まず、シングルにもなった「DIVE」が、実に彼ららしさを象徴している作品といえるでしょう。

そのサビに歌詞は・・・

「ラララ 何ひとつ決めずに
ラララ セキララに DIVE
ラララ キミと手をつないで
ラララ アケスケに DIVE
こんなんじゃいやだもん」

(「DIVE」より 作詞 稲葉浩志)

なんか、これだけ書き出すと、メロディアスなギタポバンドの歌詞みたいです。こんなポップな歌詞にのせるサウンドは、ストレートでヘヴィーなハードロックナンバー。この絶妙なバランスが彼ららしいし、ハードなギターサウンドは好きだけど、ともすればマッチョ方面に走りがちなメタルやハードロックの世界には抵抗がある・・・というリスナー層を取り込んでいるのではないでしょうか。

同じ「Time Flies」もハードロックなナンバーが続くと思えば、逆に「イチブトゼンブ」は、かなりポップな雰囲気のナンバー。また、「TINY DROPS」はさりげなくブルージーなギターを入れてくるあたりが、ちょっと洋楽的な匂いを感じさせ、こちらもファンをひきつける要素のひとつでしょうか?

正直言うと、「DIVE」「Tim Flies」あたりの流れからは、もっと純粋にハードでカッコいいナンバーが続くのかと思っていたのですが、後半あたりはちょっとダレてしまった印象も。

きちんとB'zファンの求める要素を取り入れた作品になっていた一方、少々マンネリ気味な点も否めませんでした。そういう意味では、ちょっとファン向けかな?と思いつつ、その一方で、ファンなら満足のいく作品であったかも、と思うようなアルバムだったと思います。

よくも悪くもB'zらしさが出ていた、とてもバランス感覚の良い作品でした。

評価:★★★★

|

« 直系ガレージパンク! | トップページ | Merry Xmas!! »

アルバムレビュー(邦楽)2009年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/32725624

この記事へのトラックバック一覧です: バランス感覚の良さ:

« 直系ガレージパンク! | トップページ | Merry Xmas!! »