« 間口は広く | トップページ | ハードなバンドサウンド »

2009年12月28日 (月)

日本から世界へ???

Title:DELICIOUS JAPANESE
Musician:TERIYAKI BOYZ

DELICIOUS JAPANESE(DVD付)

TERIYAKI BOYZの新アイテムは、DJ Mix盤+ライブの模様を収録した、DVDがセットになったアイテム。いわばファン向けの作品なのですが、ただし、DJ Mix盤には、なんとJay-Zが参加した新曲が収録されていたり、Kool Keithを迎えたリミックスが収録されていたりと、かなりの豪華な内容になっています。

Amazonのレビューを見ると、「ビリオネイアの道楽」と書いて酷評されている方がいますが、本当に、ビリオネイアの道楽だよなぁ(笑)。ただ、例えばバロック期のクラッシック音楽が、いわば一部のパトロンに支えられたように、芸術というのはえてして一部の金持ちの道楽から発展する部分もあるので、ビリオネイアの道楽も決して否定はできないとは思うのですが。

ただ、Jay-Z参加の新曲にしても、Kool Keithのリミックスにしても、「おお、これが今の本場の音かぁ」という印象も薄く、やっつけとまでは言わないまでも、やはり遠い辺境の地の金持ちからの依頼による、単なるお小遣い稼ぎ・・・といった感じなのかなぁ?あまり強い印象は受けませんでした。

DVDの方は、「DO YOU LIKE JAPAN?TOUR」のファイナル公演を収録した内容。ヒップホップ系のライブって、楽器を弾いていれば様になるロックバンドのライブと異なって、それなりにエンタテイメントに走らないと、いまひとつ地味な雰囲気になってしまうのですが、それはさすが、エンタテイメント性にあふれ、とても楽しそうな雰囲気が伝わってくるようなステージになっていました。

まあ、ただ、ドキュメンタリーの方は、あくまでもファン向けかな?

全体的に、やはりファンズアイテムという要素が強く、5,000円近い値段も考えると、ファン以外にお勧めするのは厳しいかも。って、ファン向けにしても、アルバムのおまけとして、DVDが普通についてくるような今、この内容で5,000円はちょっとないんじゃないかな?純粋に内容だけ評価すれば★4つだけども、値段の高さに、★ひとつマイナスで。

評価:★★★

|

« 間口は広く | トップページ | ハードなバンドサウンド »

アルバムレビュー(邦楽)2009年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/32772024

この記事へのトラックバック一覧です: 日本から世界へ???:

« 間口は広く | トップページ | ハードなバンドサウンド »