« ウォール街を襲撃する時にふさわしい曲 | トップページ | 変わっていくのか? »

2009年10月12日 (月)

クレイジーケンバンド流歌謡曲?

Title:ガール!ガール!ガール!
Musician:クレイジーケンバンド

ガール!ガール!ガール!

クレイジーケンバンドといえば昭和歌謡風・・・なんていうステレオタイプな見方を書いたりすると、ファンの方にはかなり怒られてしまうかもしれません。

でも、言わせてください。このアルバムを聴いて、クレイジーケンバンドというのは、実に歌謡曲的だなぁ、ということを感じてしまいました。

いや、それは昭和歌謡曲風のこぶしの聴いたムード歌謡風のポップが多いという意味ではないんです。

例えばジャズ、ロック、ソウルにファンクといった欧米音楽のあらゆる要素を節操なしに取り込むスタイル。これも一種の歌謡曲風。

そして、そんな外来音楽の要素を取り込みながらも、メロディーは憂いを帯びて、歌詞もどこか日本的にウェットにまとめあげるというのも実に歌謡曲風。

そんな感じに、彼らの音楽からは、古き良き時代の歌謡曲の要素をしっかりと引き継いでいる、そんな印象を受けました。

特に今回の作品で、そんな印象を強く受けたのは、様々な音楽の要素をごった煮にして、さらにそれを前面に押し出していた前作に比べて、今回の作品はメロディーや歌詞をしっかりと聴かせて、さらりとポップにまとめあげているから。

そのため、歌詞がすんなり耳に入ってきて、かつ、その歌詞もどこかエロティックでどこかユニーク。ストレートに女性への愛情を歌い上げた「VIVA女性」やら、女性と夜をすごした翌朝の様子をユーモラスに描いた「うっかり八時の半次郎」やら、男女の濃い関係(ラブソングとは言わない)をしっかり描いた歌詞は印象に残ります。

一方、「僕らの未来は遠い過去」やら「俺の夢」やらは、CKB流の応援歌といった感じでしょうか?ただ単純に夢を歌った前向きな歌じゃないところ、CKBらしいいい意味でひねくれた歌詞に仕上がっています。

相変わらずCD容量一杯のボリュームたっぷりの内容ながら、様々な音楽的な要素や、そのユニークな歌詞のため、最後までまったくだれることなく楽しめる最高のポップスアルバムでした。

和風の歌詞やメロディー、様々なジャンルのごった煮。歌謡曲の本来もっている楽しさをあらためて今の時代に伝えてくれるような、そんなアルバムだったと思います。

評価:★★★★★

|

« ウォール街を襲撃する時にふさわしい曲 | トップページ | 変わっていくのか? »

アルバムレビュー(邦楽)2009年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/31755056

この記事へのトラックバック一覧です: クレイジーケンバンド流歌謡曲?:

« ウォール街を襲撃する時にふさわしい曲 | トップページ | 変わっていくのか? »