« クレイジーケンバンド流歌謡曲? | トップページ | ベテラン勢がんばる。 »

2009年10月13日 (火)

変わっていくのか?

Title:BEST STORY
Musician:RYTHEM

BEST STORY

デビューシングル「ハルモニア」がスマッシュヒットを記録してから・・・もう6年になるんですね。2人組女性デゥオRYTHEMの、初となるベストアルバムです。

彼女たちの魅力は、なんといっても2人の奏でるコーラスラインでしょう。「ハルモニア」や、同じくスマッシュヒットを記録した「万華鏡キラキラ」のような、美しい透き通ったガラスのような、クリアな歌声が、絶妙に絡み合うコーラスはまさしく絶品。聴き惚れる・・・そんな言葉がまさしく当てはまる、美しい楽曲です。

今回のベスト盤には、そんな2人の美しいコーラスが、心ゆくまで楽しめる楽曲がたくさんつまっています。最近の女性ボーカルといえば、R&B風のメロディーにラップが絡む、というパターンがほとんどの中、彼女たちみたいに、ひねりのないストレートなポップスに、ただただ美しいボーカルを聴かせるというスタイルは、珍しくなってしまっているのではないでしょうか。

しかし、そんな彼女たちも、ここ最近の作品には、徐々に変化の傾向を感じます。

キマグレンと組んだ「Love Call」や、スキマスイッチの常田真太郎と組んだ「ぎゅっとして」にしても、新たな挑戦を感じますし、他にも、ビリージョエル風のピアノポップに挑戦している「WINNER」にしても、徐々に、その音楽性を広げていこうという意気込みを感じることが出来ます。

また、歌詞にしても、ちょっとファンタジックな雰囲気のあった「ハルモニア」や「万華鏡キラキラ」などの初期のヒット曲と比べると、ここ最近の作品は、比較的、地に足をつけたというか・・・具体的な心境を描いたような歌詞を描いている印象も受けます。

その意気込みはよし!ミュージシャンとしての新たな成長といったところでしょうか。

ただ、その一方でそんな変化に不安を感じる部分もあったりして・・・。

典型的なのは・・・音楽とは直接関係ないのですが、そのルックス。うーん、このベスト盤のジャケットにしても、完全に「ギャル」になってきているんですよね~(^^;;

それでちょっと不安に感じてしまうのが、キマグレンと組んだ「Love Call」。ポップソングにラップを絡ませるという手法は、完全に今のはやりのスタイル。まあ、次にリリースした「ぎゅっとして」は、普通のポップソングに戻っているだけに杞憂であることを願うのですが・・・・・・「今風」の売れ線に走ったら嫌だなぁ、ということを漠然と思ったりしてしまいました。

そんなちょっとした不安を抱えつつも、このベスト盤については文句なしの内容。RYTHEMの楽曲にはじめて触れる方には、ちょうどよい入門盤になっています。また、これからも2人で美しいコーラスの素晴らしいポップを聴かせてほしいなぁ。楽しみにしています。

評価:★★★★★

|

« クレイジーケンバンド流歌謡曲? | トップページ | ベテラン勢がんばる。 »

アルバムレビュー(邦楽)2009年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/31759970

この記事へのトラックバック一覧です: 変わっていくのか?:

« クレイジーケンバンド流歌謡曲? | トップページ | ベテラン勢がんばる。 »