« 新時代のフォークミュージック | トップページ | 注目の新人バンド登場! »

2009年9月14日 (月)

あたたかさが伝わってきます

Title:あいのわ
Musician:ハナレグミ

あいのわ

本当にあたたかい音楽だよなぁ、と思います、ハナレグミの曲って。

アコースティックベースのアレンジに、ポップなメロディー。ソウルやブルースなどの影響も感じる、横ノリのまったりとしたリズムもまた、心に染み入るようなやさしさを感じさせます。

決して派手じゃないけど、しっかりと心に残るメロディーを書いてくるのも、彼の実力ですよね。

あと、歌詞が妙にユニークで、そしてあたたかさを感じるんですよ。

まあ、男女の本音を、デュエット形式で綴った「・・・がしかしの女」あたりはストレートなのですが、「大安」「あいまいにあまい愛のまにまに」なんかは、歌詞の内容というよりも、言葉の音感をユニークに利用して、ほんわかとした温かいイメージを作り出しています。ここらへんの言語感覚、独創的だなぁ~。

もっとも、彼の音楽の魅力は、温かさだけではありません。「・・・がしかしの女」「あいまいにあまい愛のまにまに」は、本格的なリズム&ブルース風。カーティス・メイフィールドの名曲「PEOPLE GET READY」を、一部和訳して、自分なりに解釈しているカバーも見事。また、スチャダラパーのBOSEと、ヒューマンビートボックスのAFRAをゲストに迎えた「Peace Tree」では、ラップやヒューマンビートボックスのリズムを取り入れ、その音楽性を広げています。

毎回、アルバムをリリースするたびに傑作を出しつづける彼ですが、この作品についても文句なしの傑作だと思います。ただ、正直、前作「hana-uta」や、前々作「帰ってから歌いたくなってもいいようにと思ったのだ。」に比べると、少々インパクト不足かな?ま、もっとも贅沢な要求なのですが。

評価:★★★★★


ほかに聴いたアルバム

CRYSTALISMO/orange pekoe

CRYSTALISMO

以前、強く感じられたスノッブ臭は比較的薄れて、素直に楽しめるようになってきた反面、よくも悪くも無難なオーガニックソウル風のポップチューンにまとまってきた感じ。ポップソングとしては、素直に聴きやすい内容だとは思うのですが、癖が薄まってしまったかな?

評価:★★★★

|

« 新時代のフォークミュージック | トップページ | 注目の新人バンド登場! »

アルバムレビュー(邦楽)2009年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/31338387

この記事へのトラックバック一覧です: あたたかさが伝わってきます:

« 新時代のフォークミュージック | トップページ | 注目の新人バンド登場! »