« 栗の季節 | トップページ | くるりの「魂」 »

2009年6月28日 (日)

聴いても、決してだまされません

Title:Kitsune Maison Vol.7

Kitsune Maison, Vol. 7

パリを拠点とし活動を続け、音楽、ファッション、アートシーンで人気を集めているクリエーター集団Kitsune。その音楽レーベルKitsuneから発売された、コンピレーションアルバム第7弾がこれ。先日、ニューアルバムがリリースされ、話題のautoKratzや、日本から、80kidzの曲も収録されています。

「最先端のクラブ系サウンド」・・・というイメージなのですが、楽曲は、テンポよく聴きやすいテクノやトランス系の曲がメイン。ポップなメロディーを聴かせてくれる歌モノも多く、エレクトロポップが好きなら、とても気に入りそうな内容になっています。

また、Phoenix「Listztomania(Classixx Version)」La Roux「In For The Kill(Lifelike Remix)」など、80年代の香りを感じるような曲も多く、クラブ系のサウンドも、時代がめぐって一回りしてきたのかなぁ・・・なんていう印象も受けました。

トランス系の「Xtatic Truth」(Crystal Fighter)や、フォーキーなメロとエレクトロのサウンドの対比がおもしろい「This Sweet Love(Prins Thomas Sneaky Edit)」(James Yuill)、パンキッシュな「Make It Reverse」(Men)に、エキゾチックな雰囲気をかもす「Bejan」(Tanlines)などなど。エレクトロをベースにしながら、バリエーションは実に豊か。Kitsuneレーベルの音楽性の幅広さを感じます。

個人的には、やはり、ロック色の強い、autoKraz「Always More(Yuksek Remix)」がよかったなぁ。最新アルバムもリリースされているので、入手してみたいです。また、既にアルバムで持っているのですが、80kidz「Miss Mars」もよかったです。日本代表として・・・なんて言い方が小さく感じられるくらい、このアルバムの中でも確固たる個性を出していました。

最先端のシーンと、そのミュージシャンたちに出会いたいのなら、うってつけの1枚でしょう。

評価:★★★★★


ほかに聴いたアルバム

22 DREAMS/PAUL WELLER

22 Dreams

全英チャートで1位を獲得。相変わらずの根強い人気を誇る、イギリスロック界の「アニキ」ことPAUL WELLERの新作。

ギターロックから、ピアノバラード、アコースティックでフォーキーなナンバーにラテン風の哀愁ただようナンバーまで・・・PAUL WELLERの音楽性の広さを感じさせます。そして、そのどの曲も、いい意味で力の抜けたポップなナンバーに仕上がっていました。本当に、理想的なロック界の「アニキ」ですね。年齢相応のカッコよさと、いまだに衰えない「若さ」を感じさせるアルバムでした。

評価:★★★★

|

« 栗の季節 | トップページ | くるりの「魂」 »

アルバムレビュー(洋楽)2009年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/30261675

この記事へのトラックバック一覧です: 聴いても、決してだまされません:

« 栗の季節 | トップページ | くるりの「魂」 »