« 若さあふれる | トップページ | 今話題のあのピアニストが・・・ »

2009年6月16日 (火)

カバーアルバムのヒットで、人気復活

Title:WE ALL
Musician:徳永英明

WE ALL

カヴァーアルバム「VOCALIST」シリーズが大ヒットを記録。一時期は完全に「過去の人」になってしまっていたのですが、これを機に大復活。オリジナルとしては、4年7ヶ月ぶりとなるこの作品は、なんとヒットチャート1位を記録するなど、大ヒットを記録しています。

ただ、カヴァーアルバムという企画モノでの人気復活、ということもあって、楽曲の勢いが全盛期に戻ったか・・・と言われると、非常にビミョーな仕上がりになっています。

まずその内容。過半数がバラードになっています。

まあ、徳永英明といえば、その美声が大きな魅力。実際、今回の復活劇も、その美声ゆえの復活という側面が少なくありません。そういう意味では、その美声を最大限発揮できるバラード中心の構成、というのは、悪い選択肢ではないでしょう。

ただバラード中心の構成だと、どうしてもメロディーの出来が、アルバムの内容を大きく左右してしまいます。今回のバラード、そのメロディーの出来も決して悪くはありません。

しかし、どこか全盛期の徳永英明の楽曲をなぞったような雰囲気が目立ちました。それはそれでかつてのファンとしては安心して聴けるのかもしれません。でも、正直、熱烈なファンじゃない身としては、マンネリと映ってしまいました。

決して悪くはないのですが、かつての全盛期の徳永英明の、縮小再生産という印象が否めないアルバムになっていました。このレベルの内容の作品が続くと、正直、この人気を維持するのは難しいような気がするなぁ。バラードにばかり頼るのではなく、今だからこそ歌える、新しい徳永英明という曲を聴いてみたいです。

評価:★★★


ほかに聴いたアルバム

少年メリケンサックオリジナルサウンドトラック

宮藤勘九郎監督/脚本、宮崎あおい主演で話題となった映画のサウンドトラック。もともと音楽を題材にした映画で、かつクドカン監督、ということもあって、ユーモアな楽曲が並んでいます。電気グルーヴっぽいテクノチューンあり、パワーポップ系のギターロックバンドや、弾き語りフォーク系ミュージシャンの楽曲をパロッたような曲あり。最後は向井秀徳と峯田和伸の「守ってあげたい」のアコースティックカバーありと、かなりユニークな内容になっています。

まあ、それだけに通して聴くと、その内容はバラバラだし、映画の「効果音」的なサウンドまで収録されているので、アルバムとして聴くのはちょっと辛いかも。ただ、音楽を担当している向井秀徳のファンは聴いて損はない内容かもしれません。映画自体は見ていないのですが・・・ユーモアセンスあふれる曲がいろいろと入った、何気に楽しいアルバムでした。

評価:★★★★

|

« 若さあふれる | トップページ | 今話題のあのピアニストが・・・ »

アルバムレビュー(邦楽)2009年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/30061767

この記事へのトラックバック一覧です: カバーアルバムのヒットで、人気復活:

« 若さあふれる | トップページ | 今話題のあのピアニストが・・・ »