« 派手なジャケットとは対照的 | トップページ | 上位は女性陣が独占 »

2009年4月 7日 (火)

1曲1曲は名曲だと思うのに・・・。

Title:LUCKY STAR
Musician:GOING UNDER GROUND

LUCKY STAR

なんというか、こういうアルバムって、なんともコメントしずらいんだよなぁ・・・。

とにかくまず1曲目「世界のまん中で」を聴いた時、「おお」と思いました。どこか甘酸っぱいメロディー、セピア色の風景・・・まさにGOING UNDER GROUNDらしい曲で、こういうキラキラとしたポップスこそ、彼らの醍醐味だよなぁ、なんて思ったりして。

ま、この「世界のまん中で」の出来は間違いなくよかったと思うんですけどね。

他の曲に関しても、少なくとも1曲1曲じっくりと聴く限りにおいては、「名曲」といってしまえるようないい曲が並んでいるんですよ。

しかし、アルバム1枚聴き終わった後、なんか、いまひとつ心に残るものがないんです。

うーん、結局、どの曲に関しても、確かにメロディアスで聴いていて心に染みる曲が多いのですが、方向性が一緒である種のワンパターンなんでしょうね。だから、1曲1曲を別々に聴くと「いい」と思うけど、全部似たタイプの曲だから、アルバムとしてのインパクトが薄くなってしまいます。

この作品で、ドラムスの河野丈洋がはじめてボーカルに挑戦したのって、そんな一種のマンネリを打破するためなんでしょうか。ただ、彼も、結構ボーカルの松本素生と方向の似ている「甘いタイプ」の声を持っているだけに、結局は楽曲も似たタイプになってしまい、現状を打破できていなかったように思われます。

コンスタントにいい曲は書いていると思うだけに、惜しい作品なんですけどね。思い切って、違うタイプの曲に挑戦する、とか、そろそろ別のベクトルも欲しいなぁ。

評価:★★★★

|

« 派手なジャケットとは対照的 | トップページ | 上位は女性陣が独占 »

アルバムレビュー(邦楽)2009年」カテゴリの記事

コメント

はじめまして!
いつもCD選びの参考にさせて頂いてます。

このアルバム、私もほぼ同じように感じました。
実はとっても期待していた(色々手を広げた前作を踏まえて、今作はどう来るか!)のですが…う~ん。

これからも名盤の紹介、よろしくお願いしますhappy01
それでは~。

投稿: たく | 2009年4月10日 (金) 01時26分

>たくさん
はじまして!書き込みありがとうございます。いろいろと当サイトをCD選びの参考にしてくださっていたら、とてもうれしいです!
GOING~の新譜、そうなんですよね。1曲1曲はいい曲なんですが、少々ワンパターンなのが否めないんですよね・・・。次回作、がんばってほしいです。
また、遊びに来てくださいね~。

投稿: ゆういち | 2009年4月12日 (日) 18時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/28947452

この記事へのトラックバック一覧です: 1曲1曲は名曲だと思うのに・・・。:

« 派手なジャケットとは対照的 | トップページ | 上位は女性陣が独占 »