« 新しいビジネスモデルなのか? | トップページ | 1曲1曲は名曲だと思うのに・・・。 »

2009年4月 6日 (月)

派手なジャケットとは対照的

Title:VIVA A.I.
Musician:A.I.

VIVA A.I.

なんか、雑誌の表紙みたいなド派手なジャケット写真。センスの良し悪しはともかく(笑)、かなりインパクトのあるジャケ写になっています。

ただ、この派手なジャケットと対照的に、今回の作品、全体的にミディアムテンポのナンバーが目立つ、地味目な作風となっていました。

「So Special」「君といた場所」など、前半もメロウなナンバーが並び、後半にも「Nobody like you」「ROSE」などのバラードナンバーが続きます。また、後半には、あのアカデミー賞授賞映画のイメージソング(の割りには全く話題にならなかった(苦笑))「おくりびと」も収録。彼女のイメージとはかなり異なる、クラッシック音楽風のバラードナンバーに挑戦しています。

もちろん、冒頭の「YOU ARE MY STAR」や、デジロック風の「SCREAM」などアップテンポなナンバーも多かったのですが、全体として、いまひとつ、アルバムとしてのインパクトが薄いように感じました。

悪いアルバムではなかったのですが・・・勢いという側面で、かつてほどのものは残念ながら感じられません。全盛期に一区切りがついて、いかにこの人気を固定化するかの過渡期かもしれません。彼女にとっては今が正念場。まあ、このくらいの出来なら、急に人気を落とすことはないと思うんですけどね。

評価:★★★★


ほかに聴いたアルバム

ファンキーモンキーベイビーズ3/FANKY MONKEY BABYS

「桜」「雪が降る街」・・・・・・わぁ、タイトルだけですごいベタだよぉ(^^;;

そして、肝心の内容もすごくベタベタ。まさに前向きソングのオンパレード。一応、「HIP HOPミュージシャン」なのですが、ラップもただおまけみたいなポップソング。まあ、聴きやすく、インパクトはあるのですが・・・高校生の頃なら、それなりにはまったかも(^^;;ちょっと30超えてから聴くには辛いなぁ(苦笑)。

評価:★★★

|

« 新しいビジネスモデルなのか? | トップページ | 1曲1曲は名曲だと思うのに・・・。 »

アルバムレビュー(邦楽)2009年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/28932235

この記事へのトラックバック一覧です: 派手なジャケットとは対照的:

« 新しいビジネスモデルなのか? | トップページ | 1曲1曲は名曲だと思うのに・・・。 »