« 喰い散らかしっぱなし | トップページ | 11年目にして初&14年ぶり »

2009年2月24日 (火)

昔のJAPANESE?

Title:SERIOUS JAPANESE
Musician:TERIYAKI BOYZ

SERIOUS JAPANESE

ここ最近は、「牧瀬里穂の旦那」といった方が、お茶の間レベルでは有名となったNIGO率いるHIP HOPユニットの第2弾。

前作も、かなり豪華なプロデューサー勢で話題となった彼らでしたが、今回もかなり豪華。「Work That」「Tokyo Drift」ではThe Neptunes、「Teriyaki King」「I Still Love H.E.R.」ではKanye West、さらにはBeastie BoysのADROCKや、日本からもcorneliusにTEI TOWA・・・・・・。

これだけ豪華な面子だけあって、楽曲の作りこみ方は、とんでもない内容になっています。どこかエスニックテイストを感じられるThe Neptunesのアレンジや、corneliusの作品は、様々な音をサンプリングしていてユニーク。基本的にハード志向ながらも、様々な作風の曲も楽しめます。

それだけ豪華な内容なだけに、聴きごたえはある内容なんですが・・・なんか聴いた後、豪華なプロデューサーによるアレンジばかりが目について、肝心の中身にほとんど印象が残らないんですよね。

メンバーはもちろん、RIP SLYMEのILMARIにRYO-Z、m-floのverbalと、それぞれの活動では個性的なキャラ・・・のはずなんですが、そういったメンバーの個性をほとんど感じられません。

こういっちゃなんだけど、中身にいまひとつ自身がないから、世界中から豪華なゲストを呼んで、なんとか外見を取り繕いました・・・みたいな印象を受けてしまいました。

「SERIOUS JAPANESE」というタイトルだけど、なんか、お金にモノを言わせて世界中の「宝」を買いまくっていた、バブル期の日本人を思い出しちゃうんだうね、なんだか。

評価:★★★

|

« 喰い散らかしっぱなし | トップページ | 11年目にして初&14年ぶり »

アルバムレビュー(邦楽)2009年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/28324646

この記事へのトラックバック一覧です: 昔のJAPANESE?:

« 喰い散らかしっぱなし | トップページ | 11年目にして初&14年ぶり »