« 2008年ベストアルバム(洋楽編) | トップページ | 2008年ベストアルバム(邦楽編)その2 »

2009年2月 1日 (日)

2008年ベストアルバム(邦楽編)その1

昨日に引き続き、遅ればせながらの2008年マイベスト。今日明日は邦楽編です。

10位 RETURNS/SBK

RETURNS

聴いた当時の感想はこちら

残り9枚については、何の迷いもなくあっさりと決められたのですが、あと1枚、SPALTA LOCALSの「Leecher」と迷いました・・・。ただ、新たなスタイルを模索して、今後の可能性を感じられるという点でこちらを。活動再開前には中途半端だったエレクトロ路線への志向が、活動再開後のこの作品では、SBK持ち味のポピュラリティーと見事にマッチして、傑作を産み出してくれました。今後の活動がとても楽しみになってきます。

9位 クロニクル/安藤裕子

chronicle.

聴いた当時の感想はこちら

ここ最近、アルバムを出すたびに「最高傑作」をリリースしてくれる彼女ですが、この作品はそんな流れもあって、文句なしの最高傑作!ファンタジックながらも、アルバムに潜んだ強烈な毒の要素がたまらないアルバムです。ここ最近、「ファンタジックなアルバム」に出会う機会が多いような印象を受けるのですが、その中でも彼女は、圧倒的な個性を発揮していました。

8位 メロディ/空気公団

メ ロ デ ィ

聴いた当時の感想はこちら

傑作アルバム「融」以降は、あまりメジャー進出が成功しなかった反動なのか、万人向けを拒否したような内向きな作品が続いていましたが、これは久々、空気公団の地味ながらも暖かく、心に響くメロディーを感じることが出来た快心作でした。もっともっと幅広い支持を得るべきミュージシャンだと思うんですけどね、彼女たちは。

7位 magic hour/キセル

magic hour

聴いた当時の感想はこちら

デビュー作からコンスタントに傑作をリリースし続けた彼らですが、ある意味、このアルバムは彼らにとっての到達点のひとつではないでしょうか。彼らのサウンドの大きな特徴である「浮遊感」が、ポップなメロディーラインと見事マッチしています。彼らの大きな成長を感じさせる作品でした。

6位 J-POP/電気グルーヴ

J-POP

聴いた当時の感想はこちら

祝!復活!!今年、8年ぶりの新作をリリースした電気グルーヴ。その新作は、ジャケット写真こそ彼ららしいものの、内容は、至ってストイックなテクノ。「実力派」としての彼らを感じることが出来ました。一方で、タイトル通り、ポップな作品も多数収録された本作。文句なしの傑作です。

以上、とりあえず6位から10位はこんな感じで・・・明日は、1位から5位までを紹介します。

|

« 2008年ベストアルバム(洋楽編) | トップページ | 2008年ベストアルバム(邦楽編)その2 »

音楽コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/27633704

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年ベストアルバム(邦楽編)その1:

» レイニ-ブルー / 徳永英明 [心に響く思い出のメロディー]
心に響く歌、世代を超えて心に残るメロディー [続きを読む]

受信: 2009年2月22日 (日) 16時54分

» ENDLESS STORY 徳永英明×伊藤由奈 [心に響く思い出のメロディー]
♪ ENDLESS STORY 徳永英明×伊藤由奈 伊藤 由奈(いとう ゆな、本名:ユナ・イトウ、Yuna Ito、 1983年9月20日 - )は、日本の歌手、女優。身長163c... [続きを読む]

受信: 2009年2月22日 (日) 16時55分

« 2008年ベストアルバム(洋楽編) | トップページ | 2008年ベストアルバム(邦楽編)その2 »