« デビュー作超えられず | トップページ | ついに1位・・・。 »

2009年1月20日 (火)

正直、みぐびってました。

Title:ZOMBIE BEST
Musician:SBK

ZOMBIE BEST

SBKっていうバンド、正直言うと、いままでは、どちらかというと「ヒップポップ」とカテゴライズされそうなタイプのバンド・・・というイメージを強く持っていました。

いわば、HIP HOPの体裁を借りたポップスバンド。

で。そんな彼らが中途半端に「本格派」に手を出して、大失敗してしまったのが、活動休止前の「EVERYTHING IS MY FAULT」であり「RED FLASH」である、と。

そう勝手に思っていました。

「RED FLASH」を最後に活動休止した彼ら。そんな彼らが5年ぶりに活動再会!!そして、それを機に発売されたのが今回のベスト盤だったのですが・・・

はっきりいって、彼らのイメージがガラリと変わりました。

いや、確かにポップスの要素が強いのは間違いないんですよ。でも、それ以上に、既存の音楽スタイルに満足せず、様々な音楽のスタイルにチャレンジする、実験精神豊富のバンド、それがSBKだ、ということにあらためて気がつかされました。

例えば坂本美雨をゲストに迎えた「Finally」は、ハードコア風のHIP HOPと、幻想的な女性ボーカルのアンバランスが実に見事。普通、ハードコアHIP HOPにフューチャーする女性ボーカルって、ハスキーボイスのソウル系ミュージシャンを使うケースが多い中、既存のスタイルとは全く異なるフューチャリング像を提示しています。

他にも、発売当時の話題になった「ラブストーリーは突然に」をサンプリングした「TOKYO LV」なども、当時は話題性が先行してしまった印象がありますが、今聴くと、あれだけインパクトのある癖のある楽曲をサンプリングしながらも、しっかりと自分たちの音楽にしてしまう手法は実に見事だなぁ、と感じました。

ただ、それでも「EVERYTHING IS MY FAULT」や「RED FLASH」の時期の作品は、少々辛い・・・。

もともと実験精神と同じだけのサービス精神を持っていた彼らが、サービス精神だけ置いてしまった印象を受ける、実験性だけ先走ったような作品が多く、やはり、今聴いても、楽しめないものがありました。

まあ、それだけにその後の活動休止という自体は、ある意味、彼らが行き詰ってしまったのかなぁ、と感じ、「さもありなん」と受け止めたのですが・・・

そして、5年ぶりの復活!!

Title:RETURNS
Musician:SBK

RETURNS

この作品は、本当に素晴らしい傑作です!

いわば「EVERYTHING IS MY FAULT」や「RED FLASH」の時の実験性をそのままに、エンタテイメント性を加味したような作品、といった感じでしょうか。

全面、打ち込みのエレクトロサウンドの内容なのですが

少々時代を感じさせるような、80年代ディスコチューンの「load the disc」に続く「episode V」は、中田ヤスタカサウンドに影響を受けたのか?と思う、今風のフレンチテクノ風。かと思えば、「casette」ではハウスのテイストを入れてきたり、「revibubble」はユーロビート風味を入れてきたりと実にバリエーション豊富でユニーク。

また、「energy flow」をサンプリングして話題となった「energy train」はかつての「TOKYO LV」を思い起こさせるようなポップでユニークながらも、絶妙なサンプリングセンスが光りますし、「u and i」のような、しっかりメロディーを聴かせるナンバーも収録されていたりと、ポップで聴きやすく、かつインパクトも備えたナンバーが多く収録されています。

一方ではベートーベンの「悲愴」をエレクトロニカ風にサンプリングした上で、バラバラに解体してしまった「white sonata no.8」や、同様に実験テイストの強いエレクトロニカ風の「slash/slash」など、チャレンジ精神旺盛なナンバーもアルバムにちりばめられています。

以前はこういった曲の主張が強すぎたのですが、今回はアルバムのほどよいスパイスとなっていてとても魅力的。まさにポップと実験性のバランスが絶妙に取れた傑作だったと思います。

唯一残念だったのは、個性的で彼らの強みだと思われるSHIGEOのハイトーンボイスがあまり生かされていなかった点でしょうか。でも、間違いなく、今後のシーンに対する大きな一歩となるアルバムだったと思います。

ベスト盤と「RETURNS」でSBKに対する認識が完全にかわってしまいました。今後の活躍もとても楽しみです。

評価:
「ZOMBIE BEST」★★★★
「RETURNS」★★★★★

|

« デビュー作超えられず | トップページ | ついに1位・・・。 »

アルバムレビュー(邦楽)2009年」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく読ませていただいてます。ありがとうございます。
ひとつどうしても気になることがあり、コメントさせていただきました。
文中の「手紙」「OldMarket」「GoldRush」「np」、SBKの曲ではないのでは?
少なくともベストとRETURNSには入ってませんよね?

投稿: 気になって… | 2009年3月16日 (月) 23時52分

>気になって・・・さん
どうも書き込みありがとうございます。
・・・・・・って、わぁ!思いっきり間違っていますね(^^;;違うアルバムと完全に勘違いしています。
すいません。さっそく修正させていただきました。
ご指摘、ありがとうございましたm(_ _)m

投稿: ゆういち | 2009年3月17日 (火) 00時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/27303014

この記事へのトラックバック一覧です: 正直、みぐびってました。:

« デビュー作超えられず | トップページ | ついに1位・・・。 »