« 暗い時代だからこそミッチーを! | トップページ | ユーモアたっぷり »

2009年1月16日 (金)

美声相変わらず

Title:静夜~オムニバス・ラブソングス~
Musician:佐藤竹善

静夜~オムニバス・ラブソングス~

ボーカリストとして、その「声」だけで勝っているな、と感じるボーカリストは数多くいます。ボーカリストって、「上手い」という以上に、声が特徴的かどうかで勝敗をわけたりするんですよね。変に無色透明なボーカルよりも、嫌いな人があらわれても、癖が多いボーカリストの方が、生き残ったりして。

佐藤竹善に関しては、完全にその「声」で圧勝しています。一度聴いたらわすれられない、爽やかな、透き通るような、(言い過ぎかもしれないけど)宝石のようなその声。さらに彼の場合、声が特徴的にも関わらず、癖がないため、余計、多くのファンを引き寄せることが出来ます。

さらに彼の場合は、プラスしてボーカリストとして必要な、声量も表現力も併せ持っているわけですから、かなわないですよね。そんな彼は、ボーカリストとしての実力を存分に発揮しているカバーアルバムを多く発売しています。で、本作はそのうちラブソングをメインに、オリジナル曲もからめて集めたベストアルバムです。

個人的には、特に切なく歌い上げる「雪の華」のカバーが絶品だったなぁ。セルフカバーでリメイクした「Coloveration~the spirit of love」も、原曲とは雰囲気が異なっていて、なかなかよかったです。

耳なじみのあるヒット曲のカバーも多く収録されているため、万人に勧めやすいアルバムだと思います。佐藤竹善のボーカルの魅力を是非このアルバムで味わってみてください。

評価:★★★★★

|

« 暗い時代だからこそミッチーを! | トップページ | ユーモアたっぷり »

アルバムレビュー(邦楽)2009年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/27039074

この記事へのトラックバック一覧です: 美声相変わらず:

« 暗い時代だからこそミッチーを! | トップページ | ユーモアたっぷり »