« こじゃれたベスト盤 | トップページ | Merry Xmas!! »

2008年12月23日 (火)

心地よいアコースティックサウンド

Title:ぼくにできること
Musician:今野英明

ぼくにできること

元Rocking Timeのボーカリストによるソロ2作目。

アコースティックなサウンドをベースとしたポップな楽曲が収録されています。オーガニックな、といった表現になるのでしょうか、さわやかな野原の中で流れてくる音楽のような、とても爽やかなアルバムになっています。

楽曲は、カントリー風の明るさで、国立の街の素晴らしさを歌い上げる「国立 is the place for me」からスタートし、その後も、ブラジル音楽風の「Pretty Lickle Mermaid」、ブルース風の「穴だらけのブルース」「ぼくにできること」、さらにはラテン調の「年老いた子供たち」まで、バリエーション豊富な曲調が楽しめます。

しかし、どの曲にも共通しているのが、あくまでもアコースティックなサウンドにこだわっていること。そして、どの曲も突き抜けたような爽やかさ、明るさを持っている点でしょう。その爽やかさが、とても心地よいアルバムに仕上がっていました。

まじりっけのない、純粋培養のポップアルバムです。さやかななアコースティックサウンドを楽しみたい方にはお勧めしたい1枚です。

評価:★★★★★

|

« こじゃれたベスト盤 | トップページ | Merry Xmas!! »

アルバムレビュー(邦楽)2008年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心地よいアコースティックサウンド:

« こじゃれたベスト盤 | トップページ | Merry Xmas!! »