« 暖かいポップスソングが並ぶのは、冬が近いから? | トップページ | 特別な作品 »

2008年11月13日 (木)

隙がない

Title:ベストラッピン 1996-2008
Musician:EGO-WRAPPIN'

ベストラッピン 1996-2008

最近、久しぶりに活動を再開した、EGO-WRAPPIN'の初となるベストアルバム。

ベスト盤というからには、総括的にEGO-WRAPPIN'について云々かんぬん語りたいところなのですが・・・どうも今ひとつ、EGO-WRAPPIN'について語ることがないんですよね(^^;;

まあ、単純に、個人的にいまひとつEGO-WRAPPIN'にはまらなかった、というのも大きな理由なのですが。

それ以上に、いろいろな意味でEGO-WRAPPIN'の音楽には、ある種の隙がないように感じてしまうんですよね。

例えば、ジャズをベースとするサウンドといい、昭和歌謡曲の要素を上手く取り入れたメロディーラインといい、彼らの楽曲は、ポップで、しっかりとメロディーが耳に残り、にも関わらずサウンドは完成度が高くてカッコいい。正直、どこか計算しつくされている完成度の高さ=隙のなさを感じてしまいます。

それはそれでもちろん彼らの実力所以でしょうし、また、彼らの大きな魅力かもしれません。

ただ、未完成な音楽のもった一種の「隙」というのもポピュラーミュージックの大きな魅力だと思います。その、どこか完成されない「隙」に、ミュージシャンの人間臭さが反映され、それがひとつの魅力になるんですよね。

EGO-WRAPPIN'の完成された隙のなさ、それが私がいまひとつ、EGO-WRAPPIN'にはまらなかった大きな理由なのかなぁ。ベスト盤を聴きながら、ふとそんなことを思ってしまいました。

評価:★★★★

|

« 暖かいポップスソングが並ぶのは、冬が近いから? | トップページ | 特別な作品 »

アルバムレビュー(邦楽)2008年」カテゴリの記事

コメント

確かに良くも悪くも他を一切寄せ付けない魅力を持ってますね、彼女たち。
自己完結しきっていて、リスナーがそれ以上に入り込む余地が残っていないという感じでしょうか。
自分もEGOはよく聴くのですが、新しい意見を聞くことができました。

投稿: 501 | 2008年11月15日 (土) 01時24分

>501さん
そうなんですよね。なんか、自己完結していて、リスナーが入り込む余地がない感じがして、どうもはまりこめないんですよね・・・。
聴いていて、やはりカッコいいと思うのですが・・・。

投稿: ゆういち | 2008年11月17日 (月) 07時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/25215119

この記事へのトラックバック一覧です: 隙がない:

« 暖かいポップスソングが並ぶのは、冬が近いから? | トップページ | 特別な作品 »