« 東京と京都 | トップページ | セルアウト »

2008年10月27日 (月)

ボーカリストとして

Title:kiss
Musician:chara

kiss

前作からわずか3ヶ月というインターバルでリリースされたCharaのニューアルバム。

本作は、5曲入りのミニアルバムで、映画「蛇にピアス」の主題歌「きえる」に、「きえる」を、Charaの世界観で歌詞を書き下ろした、アナザーリリックバージョンの「kiss」、さらにミュージカルアニーに使用されている「Tomorrow」、サザンオールスターズの「Ya Ya(あの時代を忘れない)」、そしてシンディー・ローパーの「Time After Time」の3曲のカバーが収録されています。

そんなカバー曲を中心に収録した企画盤であるから当たり前かもしれませんが、本作は、ボーカリストとしてのCharaを強く全面に打ち出したアルバムでした。彼女の、舌たらずの甘い雰囲気ながらも力強いボーカルが特に印象に残るアルバムで、アレンジなどをシンプルに仕上げることによって、より彼女のボーカルが前に出てくるような構成になっていたと思います。

5曲だけなのであっという間で、特に派手な展開などもありませんが、彼女の力強いボーカルが、非常に印象に残るアルバムでした。ボーカリストとしての彼女の実力を感じられるミニアルバムです。

評価:★★★★★

|

« 東京と京都 | トップページ | セルアウト »

アルバムレビュー(邦楽)2008年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/24703500

この記事へのトラックバック一覧です: ボーカリストとして:

« 東京と京都 | トップページ | セルアウト »