« 音楽の好奇心をそそられます。 | トップページ | やはりブライアンは天才だ! »

2008年9月20日 (土)

心地よいノイズが楽しめるが・・・

Title:The Hawk Is Howling
Musician:MOGWAI

The Hawk Is Howling

静かなピアノの音からスタート。しかし、その後徐々にバンドの音が加わっていくものの、静かな雰囲気が楽曲全体を締める。そして音は増えていき、最後は轟音のホワイトノイズが響き渡る・・・。

MOGWAIの新作は、1曲目「I'M JIM MORRISON,I'M DEAD」(しかしすごいタイトルだな)で、このようなスタートとなります。静と動が融合したようなナンバー・・・その後も、そんな轟音のホワイトノイズに身をゆだねたかと思えば、ふと美しいメロディーや音が流れる・・・攻撃的でありながらも、同時に甘美的でもある・・・そんなアルバムでした。

攻撃的な轟音で展開する「BAT CAT」や、逆にポップな雰囲気が魅力的な「THE SUN SMELLS TOO LOUD」など、魅力的なナンバーが並び、このアルバムを盛り上げる

・・・

はずなんだけどねぇ。

素直に、「このノイズが心地いい!!」と叫びたいところだし、事実、気持ちいいのは間違いないんですが、なんか、後半にいけば行くほど、既にどこかで聴いたことあるような、と思っちゃうんですよね。

や、パクリとかじゃなくて、どーしても、ポストロックとか「実験的」な音って、最初は新鮮なんだけど、その後の曲のクオリティーがどんなによくても、似たタイプの音だと、どうしても最初の衝動に勝てないんですよね。

悪いアルバムじゃないと思うんですけどね。正直、後半はちょっと聴いていてだれちゃった。ライブだと、それでもなお、素直にノイズの心地よさを楽しめるのかもしれないけど。

評価:★★★★


ほかに聴いたアルバム

PLANET EARTH/PRINCE

こちらはかなり素直なポップス路線を追求した作品。聴きやすく、ポップでメロディアスな曲が多く、いい意味で、広い層の支持を得そうな佳作。

評価:★★★★★

|

« 音楽の好奇心をそそられます。 | トップページ | やはりブライアンは天才だ! »

アルバムレビュー(洋楽)2008年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/23840456

この記事へのトラックバック一覧です: 心地よいノイズが楽しめるが・・・:

« 音楽の好奇心をそそられます。 | トップページ | やはりブライアンは天才だ! »