« 娘に聴かせるラブソング | トップページ | ポ~ニョポニョポニョ♪(その2) »

2008年7月29日 (火)

新たなる音の世界を求めて

Title:REMIX 2005-2008
Musician:ゆらゆら帝国

REMIX 2005-2008

以前、アナログ盤でのみ発売され、クラブシーンを中心に大きな話題となった彼らのリミックス曲に、最新アルバム「空洞です」から、新たにリミックスした作品を加えたリミックスアルバム。

そもそも、リミックス盤として統一的にリミックスをほどこされた訳ではないため、アルバムとしての統一感はありません。

ただ、一方で、1曲1曲それぞれの曲が、強烈に音でその個性をアピールしてくるアルバムです。

冒頭の「空洞です」から、ただ、電子音のみでアレンジされたシンプルな内容ながらも、そのあまりにもシンプルな構成ゆえに、ひとつひとつの音の強度が並ではありません。

その後も、和楽器や笛などを取り込みながらも、和風のような、そうでもないような・・・微妙ながらも誰も聴いたことないような音をつくりあげた「学校へ行ってきます」や、サイケデリックなシンセが鳴り響く「できない」など、全体的にはサイケデリックな世界観が強いのですが、単純にサイケと割り切れない、エレクトロニカ、ロック、ダンスミュージック様々な要素の音楽が融合された世界が展開されています。

アルバムごとに様々な顔を見せる彼らですが、このリミックスアルバムを通じて、次の音の世界を模索しているのではないでしょうか。ある意味、あまりにも実験的かつ自由な音づくりすぎて、かなりぶっ飛んだ作品とも言えるのでしょうが、まずはその新たな音の世界を「体感」しておきたい作品です。

評価:★★★★★

|

« 娘に聴かせるラブソング | トップページ | ポ~ニョポニョポニョ♪(その2) »

アルバムレビュー(邦楽)2008年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/22638615

この記事へのトラックバック一覧です: 新たなる音の世界を求めて:

« 娘に聴かせるラブソング | トップページ | ポ~ニョポニョポニョ♪(その2) »