« いまどきの売れ線その2 | トップページ | ポ~ニョポニョポニョさかなの子~♪ »

2008年7月22日 (火)

子供へ伝える音楽

Title:ケツノポリス6
Musician:ケツメイシ

ケツノポリス6

この作品、GReeeeNと同じ日にリリースされ、残念ながら売上的には負けてしまいましたが、よくよく考えれば、GReeeeNは歯科大学の学生ということで話題になっているんですが、ケツメイシも薬科大学出身で薬剤師がメンバーにいるんだよなぁ。次は獣医師かお医者さんのラップグループが生まれそう(笑)。

わずか10ヶ月のインターバルでリリースされた本作。いつのながら、しっかりと日本語主体で綴った歌詞が魅力的。基本的に前向きの曲が多いながらも、単純な応援歌ではなく、地に足をつけた言葉を、叙情感含めて綴っており、比較的、高い年齢層のリスナーの心にまで響きそう。

高い年齢層のリスナーに、といえば、印象的だったのがラスト2曲。子へ受け継ぐべく母の愛を、母への感謝の言葉で綴った「伝承」と、子供たちへ受け継ぐべき未来を歌った「子供たちの未来へ」は、メンバーが4人とも既に父親だからこそ歌える曲と言えるでしょう。ここらへんの曲は、若手のグループでは絶対歌えない、メンバーの平均年齢が30歳を超える彼らだからこそ歌える曲と言えるでしょう。

アルバム全体としての出来は、正直、神がかっていた「ケツノポリス3」や傑作「ケツノポリス4」に比べると、少々ペースダウンは否めません。ただ、最後の2曲を筆頭に、ケツメイシらしさはしっかりと出せていたアルバムだったかな、と思います。

アップテンポでユニークなダンスチューン「マジでライブする5秒前」やエレクトロチューン「何故歌う」、ラテン調の「流れ」など、様々なタイプの曲を聴かせてくれ、音楽性の幅を感じさせてもくれます。「3」「4」と比べて傑作とまではいいがたいまでも、ファンとしてはまず満足できる作品だったのではないでしょうか。

評価:★★★★

|

« いまどきの売れ線その2 | トップページ | ポ~ニョポニョポニョさかなの子~♪ »

アルバムレビュー(邦楽)2008年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/22456769

この記事へのトラックバック一覧です: 子供へ伝える音楽:

« いまどきの売れ線その2 | トップページ | ポ~ニョポニョポニョさかなの子~♪ »