« 狂気と正常の狭間で | トップページ | パワポの一言ではおさまらない »

2008年6月 6日 (金)

意外とまとまっていました。

Title:The Best Of
Musician:RADIOHEAD

ザ・ベスト・オブ(2CDエディション)

RADIOHEAD初となるベスト盤。

いや、正直、もっともベスト盤から遠いミュージシャンだと思っていました。

だって、リリースするアルバムによって曲の雰囲気はバラバラ。デビュー作「Pablo Honey」から2作目「the bends」でも変化していましたが、特にその後、「OK Computer」で大きく変貌をとげ、続く「KID A」は大胆にエレクトロニカを導入。いままでとガラっと雰囲気のかわった作品になっています。

それだけにベスト盤という形で世に出すことはまずないと思っていたんですけどね。レコード会社移籍後、原盤権を持っている前のレコード会社が勝手にCDを出しちゃうっていう、よくあるパターンですかね。イギリスの著作権事情は詳しくは知らないのですが。

ちなみに、各アルバムの収録状況は・・・

「Pablo Honey」・・・1曲
「the bends」・・・6曲
「OK Computer」・・・4曲
「KID A」・・・2曲
「Amnesiac」・・・1曲
「Hail To The Thief」・・・2曲

・・・って、「the bends」と「OK Computer」で過半数って、わかりやすすぎ!

ま、「KID A」からの3部作は、アルバムの出来良し悪しよりも、曲の雰囲気的に、前半の3作とからませにくかった、というのは非常によくわかるんですけどね。

もっとも、「the bends」と「OK Computer」も、結構な違いがあると思うのですが、それでも、ベスト盤として並べてみると、意外としっくりとくる内容に仕上がっていました。

特に冒頭、「Paranoid Android」から「Karma Police」を経て「Creep」に続く名曲3連発は、もう最高の一言!RADIOHEADの中でも、もっとも心に響く曲を濃縮して並べた展開は、少々あざとさもあるものの、RADIOHEADの魅力にあらためてはまってしまいました。

こうやって彼らの名曲を並べて聴いてみると、なんだかんだ言っても、アルバムによって雰囲気が違っても、その根本に流れているものは共通しているんだなぁ、と、あらためて当たり前のことながらも感じてしまうベスト盤になっていました。

ただ、RADIOHEADをはじめて聴く人が、最初に聴く1枚としては、やはり素直に「the bends」を薦めたいところですけどね(^^;;

評価:★★★★★

|

« 狂気と正常の狭間で | トップページ | パワポの一言ではおさまらない »

アルバムレビュー(洋楽)2008年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/21440333

この記事へのトラックバック一覧です: 意外とまとまっていました。:

« 狂気と正常の狭間で | トップページ | パワポの一言ではおさまらない »