« 「青さ」で売れる年齢でもないよな。 | トップページ | ジャンルレスなアルバム »

2008年5月12日 (月)

仲間内で楽しそうなんだけども。

      
キラキラ!

アーティスト:曽我部恵一BAND

キラキラ!

どーもサニーデイ解散後の曽我部恵一に関しては、ぬぐいきれない違和感がありまして。

それは、なんか曲がみょーに内向きだという点。

彼自身は、とても楽しそうに音楽に取り組んでいますし、また、インディーで自由にやれるせいか、非常に肩の力の抜けた作品が続いています。

えてして、そういうアルバムは「傑作」になるんですが、どうも彼の場合は、悪い意味で肩の力を抜きすぎ。曲も、どうも自分(たち)だけ楽しめれば、という内向きな感じが否めないんです。

曽我部恵一バンド名義でリリースされた本作。各種メディアでも高評価だったので期待して聴いたのですが・・・。

うーん、やはりどこか内向きだなぁ・・・。

基本的には、かなりポップで聴きやすい作品なのは間違いないと思うんですよ。

また、シンプルなロックンロールのサウンドもとてもリスナーになじみやすく、すんなり耳に入ってきます。「5月になると彼女は」ではJohnny B.Goodeのフレーズを、「街角のうた」では、「A Hard Day's Nights」のイントロを取り入れるなど、オールドスタイルのロックンロールからの影響を強く感じる作風になっています。

でも、どこか内向きなテイストを感じてしまうんだよなぁ。

具体的に言うと、例えばユニゾンのコーラスなど、なんか、「全員で歌いたい」という内輪の雰囲気だけで取られているようで、いまひとつ、曲にあわせていない感じがするし、他にも、バンドサウンドにしても、とにかく楽しく鳴らしているという感じで、いまひとつ垢抜けていません。

ここで、曽我部恵一がたぐいまれなるポップスセンスの持ち主だから、それなりの「良作」に仕上がってしまうんでしょうね。事実、難しいこと抜きに、素直に聴いている分には、十分楽しめるアルバム、だとは思うんですよね。

まあ、本人たちがこれでいい、というのならこれでいいんでしょうが。曽我部恵一なら、もっともっと、広い層にアピールできる傑作を書けると思うんですよね。そういう意味では、本当に惜しい作品です。

評価:★★★★

|

« 「青さ」で売れる年齢でもないよな。 | トップページ | ジャンルレスなアルバム »

アルバムレビュー(邦楽)2008年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/20915718

この記事へのトラックバック一覧です: 仲間内で楽しそうなんだけども。:

« 「青さ」で売れる年齢でもないよな。 | トップページ | ジャンルレスなアルバム »