« 男のけじめ、なのか? | トップページ | 没個性の中に、キラリと光るポピュラリティー »

2008年5月31日 (土)

小さなMC揃い踏み

      
“Yes”rhyme-dentity(初回生産限定盤)(DVD付)

アーティスト:LITTLE,CUEZERO,BIG RON,MICRO,COMA-CHI,Metis,童子-T,SMALLEST,Mummy-D,SHOGO

“Yes”rhyme-dentity(初回生産限定盤)(DVD付)

基本的に、KICK THE CAN CREWの盟友同士ということもあるのでしょうが、KREVAと同じく、LITTLEも、売れるということに非常に自覚的であり、かつ、その上で、HIP HOPとしての可能性を探っているミュージシャンだ、ということを感じます。

そういう意味では、ソロ活動後も、KREVAと同じ路線を歩んでいるLITTLE。あえていえば、もうちょっと歌謡曲的要素が強いKREVAに対して、ポップな曲をつくりながらも、どこかHIP HOPのアンダーグラウンド的要素を残そうとしているのがLITTLEでしょうか。

ま、程度の問題で、どちらも、ポップな方向性にはかわりないのですが。

そんなこともあり、本作も、特に前半は、ポップでリズミカル、聴いていて楽しくなる曲が並んでいます。

特に注目したいのが、RIP SLYMEのDJ FUMIYAが作曲に参加した「Stand by me」で、ミニマルテイストのピアノの音色が中毒的な魅力を感じさせる曲になっています。

ただ、勢いがあったのはここまでで、残念ながら、後半は少々失速気味。ポップな曲が並んではいるものの、これといった1曲がありませんでした。

前半の勢いと比べると、後半が、ちょっとグダグダしてしまっていたのが残念な、ある意味「惜しい」作品だったと思います。

ちなみに本作は、HOME MADE 家族のMICROとトリカブトのSMALLESTがゲストで参加。・・・ってか、なんでチビのHIP HOPのMCって、みんなこういうネーミングをつけるの?

評価:★★★★


ほかに聴いたアルバム

BEST BOUT/RHYMESTER

様々なミュージシャンとのコラボレートで話題となるRHYMESTERですが、こちらは、RHYMESTERがfeaturingという形で参加した曲を集めた企画モノベスト。注目は、忌野清志郎とのコラボレート・・・なのですが、これはちょっといかにも「企画モノ」というのが前に出すぎちゃっていて、ちょっとやっつけ気味かなぁ。せっかくのコラボなのに残念。

他の曲に関しても、RHYMESTERが主体的にコラボしているミュージシャンに比べると、どうしてもHIP HOP、R&B系が主体で、「予想通り」という域が出ないのが残念なところ。まあ、純粋にいい曲は揃っていると思うけど、RHYMESTERが主体的に他のミュージシャンとコラボを組んだ「ウワサの伴奏」の方がおもしろいな。

評価:★★★★

|

« 男のけじめ、なのか? | トップページ | 没個性の中に、キラリと光るポピュラリティー »

アルバムレビュー(邦楽)2008年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/21272205

この記事へのトラックバック一覧です: 小さなMC揃い踏み:

« 男のけじめ、なのか? | トップページ | 没個性の中に、キラリと光るポピュラリティー »