« 邦楽の絶好の名盤ガイド | トップページ | 仲間内で楽しそうなんだけども。 »

2008年5月11日 (日)

「青さ」で売れる年齢でもないよな。

      
K.O(初回限定盤)(DVD付)

アーティスト:RIZE,E.D.O.

K.O(初回限定盤)(DVD付)

1曲目、2曲目を聴いた時は、いままでのイメージと比べ、かなり音に重量感やグルーヴ感も増して、「一皮むけたか?」と思ったのですが

「RADADOX体操」の歌詞で「ガク」っと来てしまいました。

その後も、まあ、英語詞の「Dear Mr.President」はともかく、「Television Song」にしても、社会派の歌詞を狙おうとして、いまひとつひねりにかけ、青さが目立つのが少々痛々しいです。

デビュー当初なら、そういうのもひとつの「売り」だったけど、そろそろ彼らもその段階じゃないよねぇ。

TOKIEが抜けてから課題だったバンドサウンドに関しては確実に成長していて、このアルバムでは文句なしのヘヴィーサウンドを聴かせてくれているだけに、歌詞の痛さが致命傷になってしまっているのがとても残念です。

評価:★★★


ほかに聴いたアルバム

LIFE/ACIDMAN

ACIDMANといえば、どちらかというとメロディーというよりも、ジャズ、グランジ、ヘヴィーロックなどを融合させた、独自のサウンドのおもしろさが売りだと思っていただけに、この作品みたいに、そのサウンドがマンネリ気味になってしまうと正直辛いなぁ。曲の間に、時々カッコいいサウンドは垣間見れるのですが、全体的には以前聴いたことのある音の羅列という感じで、いまひとつおもしろみにかける作品でした。

評価:★★★

|

« 邦楽の絶好の名盤ガイド | トップページ | 仲間内で楽しそうなんだけども。 »

アルバムレビュー(邦楽)2008年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/20898629

この記事へのトラックバック一覧です: 「青さ」で売れる年齢でもないよな。:

« 邦楽の絶好の名盤ガイド | トップページ | 仲間内で楽しそうなんだけども。 »