« この流れは日本にも波及しそうだな。 | トップページ | アフロビートが心地よい! »

2008年4月19日 (土)

完全なる未来

      
Perfect Future(初回限定盤)

アーティスト:東京スカパラダイスオーケストラ,伊藤ふみお,安藤裕子,ハナレグミ

Perfect Future(初回限定盤)

ベスト盤発売後、初となるオリジナルアルバム

通常、ベスト盤発売後、初となるオリジナルは、ミュージシャンにとって「新たな一歩」と位置づけられます。

そんな「新たな一歩」のアルバムに「Perfect Future」=「完全なる未来」と名づけてしまう彼らからは、その意気込みが強く感じられました。

その彼らにとっての新たな一歩となった本作。どんな方向性に向かうのかをみせるためにも重要となる作品ですが、スカという、彼らの本流により立ち返った作品といえるのではないでしょうか。

ビート感が非常に強いサウンドを奏でながら、スカという軽快なリズムをそこにのせていくスタイルは、ある意味、とても「スカパラらしい」と言える作風だったと思います。

また、今回注目は、ゲストシンガーとして元Kemuriの伊藤ふみおが参加している点でしょう。

Kemuriで同じスカという音楽を追及してきた彼の声は、スカパラのサウンドにとてもよくマッチしています。

そして、本作で、さらに注目したいのが、初回限定盤としてついてくるライブ盤です。

昨年参加した、モントレー・ジャズ・フェスティバルのライブ音源をそのまま収録。MCまで含め、ライブの空気感をそのままパッケージしたライブ盤は、スカパラのライブの魅力が、そのまま真空パックされちゃったような内容でした。

できれば初回盤で聞いてほしい1枚。彼らの「Perfect Future」が見えてくるような、オリジナルアルバムでした。

評価:★★★★★

|

« この流れは日本にも波及しそうだな。 | トップページ | アフロビートが心地よい! »

アルバムレビュー(邦楽)2008年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/20331759

この記事へのトラックバック一覧です: 完全なる未来:

« この流れは日本にも波及しそうだな。 | トップページ | アフロビートが心地よい! »