« PerfumeブームはJ-POPの変換点か? | トップページ | サブカル系のオールスター全員集合! »

2008年4月24日 (木)

「90年代」を感じるベスト盤

COMPLETE BEST

アーティスト:LUNA SEA,DJ KRUSH

COMPLETE BEST

LUNA SEAというバンドは、その位置づけが難しいバンドだと思います。

BOOWYを祖とするような、ビートロックバンドとは大きく異なるものの、かといって、正統派の実力派ロックバンド、といわれるのは、そのメロディーや河村隆一のボーカルはあまりにも歌謡曲的すぎます。

ただ、そういう意味では、BOOWYと異なった観点から、日本における独自の「歌謡ロック」というもの方向性を確立したバンドなのかなぁ、とも思います。

あ、ここで言う「歌謡ロック」は別にネガティブな意味での使い方ではないので、念のため。

本作は、シングルを集めたDISC1と、その他の代表曲を並べたDISC2からなる2枚組の、タイトル通り「コンプリート」なベスト盤。

DISC1を聴いてひとつ感じるのは

ああ、これが「90年代の音」だなぁ

という点。

特に初期のシングルからは強く感じます。

いわば「80年代の音」といえば、例えばマイケルジャクソンや、シンディーローパーみたいな、今ではチープに感じられるシンセサイザーの電子音で彩られたような音(日本でいえば、C-C-Bみたいな感じの)になるんでしょうが

「90年代の音」といえば、彼らの作品のように、80年代的なテイストを残した、軽い感じの音ながらも、もっと生音指向、みたいな。

グランジの影響が、日本のロックバンドに入ってくる直前、みたいな、そんな音が、いかにも「90年代」という印象を受けました。

あ、でも、「TONIGHT」は文句なしにかっこいいね。ここらへん、もっと本格的なロック指向だったメンバーと、歌謡曲指向だった河村隆一との方向性のずれが、解散の要因だったのかな、なんて邪推しちゃいますが。

評価:★★★★


ほかに聴いたアルバム

7/キリンジ

7枚目の作品だから「7」。

いつも以上に王道路線といった感じで、さらにポップステイストが強くなった感じ。そういう意味では、いつも以上に広い層に受け入れられそう。もちろん、どこかひねくれた文学的な歌詞もいい意味でいつも通り。しっかり彼ららしさに足をつけながら、マンネリを感じさせない、強いポピュラリティーを感じさせる作品です。

評価:★★★★★

|

« PerfumeブームはJ-POPの変換点か? | トップページ | サブカル系のオールスター全員集合! »

アルバムレビュー(邦楽)2008年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/20480053

この記事へのトラックバック一覧です: 「90年代」を感じるベスト盤:

« PerfumeブームはJ-POPの変換点か? | トップページ | サブカル系のオールスター全員集合! »