« 「90年代」を感じるベスト盤 | トップページ | HIP HOPのポップ化 »

2008年4月25日 (金)

サブカル系のオールスター全員集合!

+1 (DVD付)

アーティスト:木村カエラ

+1 (DVD付)

木村カエラのニューアルバムの参加メンバーが相変わらずすごい。

1.NO IMAGE・・・ミト(クラムボン)
2.Jasper・・・石野卓球
3.Yellow・・・渡邊忍(ASPARAGUS)
4.STARs・・・AxSxE
5.ファミレド・・・藤田勇(MO'SOME TONEBENDER)
6.dejavu・・・曾田茂一
7.Samantha・・・曾田茂一
8.+1・・・高桑圭(Great3)
9.No Reason Why・・・UKバンドFARRAHのカバー
10.鏡よ鏡・・・yoheyOKAMOTO
11.はやる気持ち的My World・・・渡邊忍(ASPARAGUS)
12.1115・・・奥田民生
13.Humpty Dumpty・・・遠藤大介(monoline)

とざっと並べただけでも、いわば「サブカル系のオールスター全員集合!」といった感じ。

個人的には、元Herman&The PacemakersのyoheyOKAMOTOの名前を久しぶりにみれたのがうれしいところ。

本作は、ニューウェーヴを意識した作風になっているとかで、冒頭は、テクノポップの曲からスタート。てっきりPerfumeに影響受け過ぎちゃったのか、と思いました。でもその後は、ずらりとギターポップ系の作品が並んでいました。

でも・・・なんかこの「ギターポップ系の作品」がいまひとつ。

1曲1曲聴けば、ポップで楽しい作品なんだけど、こうやってずらりと並ぶと、1曲1曲に個性が足りないんですよね。最初聴いた時、かなり癖があって、どうかな?と思った「Jasper」が、こうやって並べて聴くと、非常に個性的で強い印象に残ったのとは対照的でした。

そう考えると、やはり石野卓球が持つポピュラリティーってすごいんだなぁ・・・。

ここらへん、ちょっと酷なことをいってしまうと、参加したサブカル系のミュージシャンたちが、いまひとつブレイクできない理由がわかっちゃうような感じがするんだよなぁ(苦笑)。

評価:★★★★

|

« 「90年代」を感じるベスト盤 | トップページ | HIP HOPのポップ化 »

アルバムレビュー(邦楽)2008年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/20544037

この記事へのトラックバック一覧です: サブカル系のオールスター全員集合!:

« 「90年代」を感じるベスト盤 | トップページ | HIP HOPのポップ化 »