« 変態ポップはヒットチャートを制するか。 | トップページ | すごいぞ、くるり(常套句) »

2008年3月15日 (土)

祝!復活!!

      
OBLIVION DUST(DVD付)

アーティスト:OBLIVION DUST

OBLIVION DUST(DVD付)

1997年にメジャーデビューし、その後、一部では熱烈な支持を得ながらも、2001年に惜しまれつつ、その活動に幕を閉じたバンド、Oblivion Dust。その彼らが、昨年9月、突然ライブを決行し、そのまま再結成!そして、ついに、約7年2ヶ月ぶりとなるニューアルバムが発売されました!!

内容は、デビュー前と同様、疾走感のあるハードロックに、打ち込みの音なども加えて、スケール感のましたロックサウンド。途中、「When You Say...」「The Ocean」といったバラードナンバーなども加えつつ、最後は、ハードなロックナンバー「Microchipped」で締めくくるといった、ある意味、王道的な展開でアルバムは構成されています。

そして、このアルバムについて一言でいえば、直感的に「カッコいい!!」

こういったら誤解されそうなんですが、ある意味、Oblivion Dustって、すごいベタなんですよ。

基本となるのは、ゴリゴリのハードロックで、ポップも至ってメロディアス。また、打ち込みのサウンドを随所に入れて、音数を増やす構成になっています。

まあ、これだけなら、一昔前のビートロックバンドと一緒。

ただ、Oblivion Dustがおもしろい点は、これに、グランジ系や、ハードコア系からの影響を加えた上で、ボーカルのケン・ロイドの、英語であることをあえて強調するようなボーカルを加えることによって、ともすれば歌謡曲になりがちな、ベタなハードロックサウンドを、一気に洋楽テイストあふれるロックに作り上げている点でしょう。

そのため、ある意味、ベタなロックであるにも関わらず、非常にカッコいいロックを聴かせてくれています。

彼らって、本当なら、もっと大ブレイクしちゃってもいいバンドだと思うんですけどね~。

この手の再結成って、アルバム1枚でサヨナラ、というケースも少なくないのですが、彼らには、これからもコンスタントに活動を続けていってほしいです。

評価:★★★★★


ほかに聴いたアルバム

ATTITUDE/SOUL'd OUT

相変わらずコテコテ

HIP HOP+歌謡曲+ディスコチューン+80年代

のおいしいところを全部持っていって、そのまま詰め込んだ感じ。フックの連続はすごく心地よい一方、さすがに、少々食傷気味な側面も。

まあ、彼らは、このコテコテな部分も含めて、「良さ」だとは思うんですけどね。

評価:★★★★

ファミリージェネシス/YMCK

チップチューンの代表的なミュージシャンの3枚目。

ちなみにチップチューンとは、ファミコンの音源のような、制約の多いコンピュータ音源を利用して作成される、独特な電子音楽のこと。(詳しくは、Wikipedia参照

確かに、最初は、懐かしくも新しいサウンドがおもしろいんですが、アルバム1枚続くと、さすがに飽きるよ。チップチューン自体は、おもしろい試みだと思うんで、今後発展するかもしれないけど、まだ現段階だと、シングルの単発ヒットレベルで終わってしまいそう。

評価:★★★★

|

« 変態ポップはヒットチャートを制するか。 | トップページ | すごいぞ、くるり(常套句) »

アルバムレビュー(邦楽)2008年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/11186746

この記事へのトラックバック一覧です: 祝!復活!!:

« 変態ポップはヒットチャートを制するか。 | トップページ | すごいぞ、くるり(常套句) »