« ロングヒットの予感 | トップページ | こういう売り方は「あり」なのかぁ?? »

2008年3月 6日 (木)

2007年ベストアルバム(邦楽編)その2

おまちかね(?)しました。2007年ベストアルバム第2弾です。

5位 ワルツを踊れ Tanz Walzer/くるり

聴いた当時の感想は、旧サイト→「REVIEW」→「く~こ」へ

突然、ウィーンでのレコーディングを実行し、管弦楽とロックンロールの、あらたな次元での融合を目指した1枚。くるりの、あくなき挑戦心を感じさせる傑作でした。

 

4位 ぶっ生き返す/マキシマムザホルモン

      
ぶっ生き返す

アーティスト:マキシマム ザ ホルモン

ぶっ生き返す

聴いた当時の感想は、旧サイト→「REVIEW」→「ま行」へ

そのふざけたようなジャケットや、曲タイトルに誤解している方も多いかもしれませんが、内容は、至って正統派なハードコア。しかも、しっかりポピュラリティーも兼ね備えています。最近、人気上昇中ですが、その理由が痛いほどわかる傑作です。

 

3位 セカンド/ミドリ

      
セカンド

アーティスト:ミドリ

セカンド

聴いた当時の感想は、旧サイト→「REVIEW」→「ま行」へ

セーラー服を着たボーカルだけでインパクト大のバンドですが、内容もかなりのインパクト。パンキッシュなサウンドながらも、意外とポップで切ないメロディーラインと、エロティックな歌詞が魅力的なバンドです。2007年、同じく発売されたミニアルバム「清水」も傑作でした。

 

2位 空洞です/ゆらゆら帝国

      
空洞です

アーティスト:ゆらゆら帝国

空洞です

聴いた当時の感想は、こちら

ゆらゆら帝国の、新たな一歩を感じさせる傑作。あくなく轟音を追及していた彼らが、音と音の間にあるものを聴かせることに成功している作品です。その音の「空洞」に、圧倒される1枚。

そして、2007年のNo.1は・・・

・・・

1位 平成風俗/椎名林檎×斎藤ネコ

      
平成風俗

アーティスト:椎名林檎×斎藤ネコ

平成風俗

聴いた当時の感想は、旧サイト→「REVIEW」→「さ、し」へ

いや、そもそもこの1位はかなり迷いました。まず第一にオリジナルじゃないし・・・(^^;;

ただ、なんだかんだいっても、2007年に一番はまったアルバムですし、また、椎名林檎というミュージシャンの実力を再認識させてくれたアルバムという意味で、あえて2007年の1位とさせていただきました。

そんな訳で、あらためて1位から10位を振り返ると・・・

1 平成風俗/椎名林檎
2 空洞です/ゆらゆら帝国
3 セカンド/ミドリ
4 ぶっ生き返す/マキシマムザホルモン
5 ワルツを踊れ/くるり
6 FUNFAIR/RIP SLYME
7 レキシ/レキシ
8 COSMICOLOR/m-flo
9 spirits/soulja
10 LIFE STORY/THA BLUE HERB

今年は、正直言うと、ぶっちぎりの傑作、というのは少なかったような。傑作揃いの昨年に比べると、いまひとつ、はまった作品も少なかったし、少々小粒だったかな、という感じがします。

ただ、その一方で、相変わらず強いのがHIP HOP勢かな。特に今年は、souljaのような、新たな可能性を感じるミュージシャンも出てきていて、これからが非常に楽しみです。


さて、次は洋楽編なのですが、これは、まだ昨年発売の分で聴ききれていない分が・・・(^^;;しばしお待ちを・・・。

|

« ロングヒットの予感 | トップページ | こういう売り方は「あり」なのかぁ?? »

音楽コラム」カテゴリの記事

コメント

以前ゆういちさんの年間ベストを今年も見たい!と熱望させてもらったんですが、
今回もとっても楽しませてもらいました。
アングラ、インディーズからメジャー作品、ジャンルにしてもHIP-HOPからパンク、ポップスまで、
ゆういちさんの幅広すぎる音楽感がそのまま反映されたかのようなランキングですね。
いい意味でとっちらかってます(笑)

この中で聴いたのは3枚だけ…
邦楽にもまだまだ触れていない名盤があるかと思うとワクワクしますね。
ランキング作成お疲れ様でした。

投稿: 501 | 2008年3月 7日 (金) 04時07分

>501さん
ありがとうございますm(_ _)m
いい意味で、雑食的に、いろいろな音楽を聴きたいし、ここでも紹介したいなぁ、と思っています。
ここで紹介したアルバムは、好き嫌いはあるかもしれないけど、いいアルバムばかりなので、よかったら是非聴いてみてくださいね~。

投稿: ゆういち | 2008年3月 7日 (金) 20時02分

マキシマム ザ ホルモンは凄かったですね!
当然、このアルバムで初めて彼らを知りましたが、
結構ゴテゴテのハードロック全開で変態的で意味深すぎる歌詞等の世界観もあって、
かなり病み付きになって聴きまくってました!
(今日も久々に車の中で聴いてましたが、やっぱり改めてハマってしまいました!)
そろそろ、新しい曲が出ないかなあと思う今日この頃です(^^;

投稿: HK | 2008年3月 9日 (日) 22時50分

>HKさん
マキシマムザホルモン、色物バンドみたいで(笑)少々敬遠していた時期もあったのですが、ライブを見て、一気にはまりました。本当に病みつきになりますよね!
そろそろ新譜も期待したいところですが・・・どうなんでしょうか??

投稿: ゆういち | 2008年3月 9日 (日) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/10954123

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年ベストアルバム(邦楽編)その2:

« ロングヒットの予感 | トップページ | こういう売り方は「あり」なのかぁ?? »