« a musical biography KOJIMA MAYUMI 2001-2007/小島麻由美 | トップページ | ガールズバンドに明日はあるか?? »

2008年1月11日 (金)

C.O.W./MO'SOME TONEBENDER

      
C.O.W.(CHECK OUT WORLD)

アーティスト:MO’SOME TONEBENDER

C.O.W.(CHECK OUT WORLD)

なんか、ここ最近のモーサムって

「1曲だけ聴くと衝撃を受けるけど、アルバムを通して聴くと飽きる」

という感じのアルバムが続いているような感じがします。

正直言ってしまって、このアルバムもそうでした。1曲1曲の出来は決して悪くない。いや、むしろ名曲が揃っているとすら思う。しかし、アルバムを通して聴くと、いまひとつピンとこない・・・。

なんでだろう・・・と考えてみると、結局のところ

「曲の作り方がどれも似ているのではないか」

という結論に至りました。

いや、パッと聴くと本作、「どの曲も似ている」というよりも、むしろ「バラエティー富んだ作風」という印象を受けるかもしれません。

冒頭の「Bad Summer Day Blues」からして、テクノ調の作風で、いままでのモーサムの雰囲気と大きく異なりますし、その後もポップテイストの強い「ルルル」や、ダンスミュージックである「Lost In the City」など、様々なタイプの曲が収録されています。

でも、どの曲も、基本的に爆音で音を詰め込み+百々和宏のシャウト というスタイル。特に、彼らのスタイルは、初期衝動をそのまま音にのせた曲が多いんで、1時間近いアルバムにされると、飽きが来ちゃうんですよね。

個人的には、もっと曲数を絞って、30分程度のアルバムにすれば、飽きも来ず、楽しめると思うんですけどね。

だけど、たぶん次のアルバムも、先行シングルがすごく良くて、アルバムを期待して、結局、アルバムは期待したほどじゃなかった、ということになっちゃいそうだなぁ。ここ数作、ずっとこのパターンだからなぁ・・・。

評価:★★★★

|

« a musical biography KOJIMA MAYUMI 2001-2007/小島麻由美 | トップページ | ガールズバンドに明日はあるか?? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/9818011

この記事へのトラックバック一覧です: C.O.W./MO'SOME TONEBENDER:

« a musical biography KOJIMA MAYUMI 2001-2007/小島麻由美 | トップページ | ガールズバンドに明日はあるか?? »